プティ・バトー Petit Bateau

フランス発の子供服ブランド「プティ・バトー」です。
紺のベビー服が日本でもおなじみです。
シンプルでかわいいですね。

↓こんな感じのベビー服です。


株式会社 プチバトージャパンが1997年に設立されて日本でも展開しています。

出産祝いには変な物を贈れないので、信頼されるブランドが良いですよね。安全安心な素材で国際的に知名度の高いベビーブランドと言うことで日本でも人気になってきています。

その他に、子ども向け、大人向けの製品も多数あります。
近年では親子で愛用している人も多い幼です。

ペアルックではさすがに恥ずかしいので、
雰囲気を合わせる「シミラー・コーデ」や
服やアクセサリーの一部を合わせる「リンク・コーデ」というのが流行っているそうですが、
幅広いコレクションがあると
そんなことがやりやすくなります。



メールマガジン購読

たとえば、ユニクロでもベビー服から大人の服までそろっていますが、それぞれのデザインですよね。
プチバトーなら、赤ちゃんからメンズまでブルーのボーダーがありますし、
ファミリーでオシャレに統一感を出せますよ。

さて、プチバトーはフランスでは一体どんな企業なのでしょうか?
Wikipedia Franceには次のように書かれています。

プティ・バトーは1920年に設立された子供向けのフランスの衣料品と下着ブランドですが、その起源は1893年にトロワにさかのぼります。1988年以来ロシェグループに統合されたプチバトーは、アダルトコレクションの立ち上げにより2000年代に世代を超えた子供向けブランドです。

[PR]
1893年創業の歴史あるベビー&キッズ服【PETIT BATEAU プチバトーオンラインブティック】

新規会員登録で1000円OFFクーポンプレゼント

履歴

1893年、ピエール・ヴァルトンは3つの700m2のワークショップで、下着、特にパンツやベストを専門とするヴァルトン・キンクアンクアレット&サンズの靴下工場をオープンしました。19世紀にフランスの繊維産業の首都オーブに設立され当時、トロワのサン・ジョセフ工場は生産全体を製造していました。1918年、創業者の息子エティエンヌは、脚とボタンのないパンツを発明し、粗いウールを白い無漂白の綿に置き換えました。利便性を高めるために、彼はボタンをウエストと太もものゴムバンドに置き換えた。しかし、このブランドは「パンティー」という用語を使用しており、女性用または子供用の下着を指していました。

ヴァルトンは、この新しい下着の名前の童謡Maman les p’tits bateaux(小さなボートのミイラ)に触発され、彼はそれを商標として登録しました。したがって、プチバトーブランドは1920年にヴァルトン・キンクアンクアレット社によって登録され、当時マリネットというニックネームの小さな女の子の絵によって象徴されていました。1937年のパリ万国博覧会で、同社は「グランプリ・ド・イノベーション」を受賞しましたが、同社は製品範囲を開発し、多様化したのは第二次世界大戦後でした。

1980年代後半、同社は破産申請の危機に瀕しており、1988年にロシェグループ、旧イヴ・ロシェ・グループに買収され、BNP入札を破りました。ロシェグループには、イヴ・ロシェ、スタンホーム、ピエール・リコー、ダニエル・ジュヴァンス、キオティス、IDパルファム、フロマー、サボンも含まれます。

1990年代半ば、ミニマリストのトレンドの真っ只中に、プチ・バトーは「ファッショナブルな」ブランドになりました。カール・ラガーフェルドはクラウディア・シファーにシャネルのスーツの下にプチ・バトーTシャツを着てキャットウォークを歩かせ、成功は即時でした。 彼女が着ていた子供のTシャツは、その後、大人サイズで利用可能になりました。 Tシャツの売り上げは今後3年間で10倍に増加した。1994年、プチ・バトーはファッションショーを開催した。デザイナーは子供の白いTシャツをつかみ、それをファッション現象にした。このイベントは、ブランドが大人向けのプレタポルテ市場に参入しました。

2000年、プチ・バトーはパリのシャンゼリゼに旗艦店をオープンした。2013年、ギルダス・ロアエックと黒木雅也はアダルトコレクションの芸術監督に任命された。

今日、プチバトーは100年前の専門知識と国際的な影響力を持つ衣類と下着のブランドです。ヨーロッパ、日本、中国、中東、ロシア、米国に存在するその製品は、約400のプチバトーショップ、4,300のパートナーストア、2006年にオープンしたeコマースウェブサイトで販売されています。

すべてのコレクションは、パリにあるスタイルチームによって考案されています。トロワでは、歴史的なサンジョセフ工場で、デザイナーはそれらを生き生きとさせます。次に、専任チームによって作られたサンプルの生産が行われます。

プティ・バトーの発明

小さなパンティー

1900年代初頭まで、子供と大人は不快で非衛生的な長いウールのパンツを履いていました。同社の創設者ピエール・ヴァルトンの息子で13人の子供の父親であるエティエンヌ・ヴァルトンは、童謡「ママン・レ・プティッツ・バトー」(「ミイラ、水の上の小さなボートは足を持っていますか?」)を聞いて、当時の長いパンツの脚を切り落とすという考えを持っていました。有名な洗える綿のパンティーが誕生しました。利便性を高めるために、ボタンは腰と太もものゴムバンドに置き換えられました。子供たちにより大きな容易さと移動の自由を提供するこの創造は、家業にとって大きな変化を表していました。

エティエンヌ・ヴァルトンはまた、ブランド名のこの童謡に触発され、1920年に商標「プチ・バトー」を登録しました。

1937年、プチ・バトーのパンティーはパリ万能博覧会で「イノベーショングランプリ」を受賞しました。彼らは徐々にアクセスしやすくなり、女性の日常生活の一部となり、19世紀に着用された厚いウールの下着から解放されました。

今日、2,520メートルの純粋な綿糸と天然ゴムを必要とするブランドの象徴的な製品である350万足のプチバトーコットンパンティーが1年間販売されており、ジェーン・バーキンやイネス・ド・ラ・フレサンジュなどの有名人が着用しています。

ボディスーツ

ヘルメットを脱がずに下着を着ることができるアメリカ人兵士が着用するTシャツの特別なアームホールを観察することで、プチバトーは1950年に使いやすさと実用性のために設計された最初のベビーボディスーツを発明しました。ヴァルトン家は、より楕円形のネックラインのおかげで、頭の上に子供服を着る新しい方法を考案しました。 1980年、ヴァルトン家は、幼児のドレッシングと動きをさらに容易にするために、脚の間にプレススタッドクロージャーを備えた最初のモデルを作成することによって、赤ちゃんのための伝統的なボディスーツを再訪し続けました。

資料

テリー・ベロアは1960年にプチ・バトーの工房で生まれました。それは主に断熱の資質のために子供のパジャマに使用されます。

テリークロスブークレットは、主にプチバトーがパジャマや入浴アクセサリーや育児用品にも使用し、柔らかい感触を持ち、高いレベルの着用感を提供します。

1970年、ブランドの象徴的なピンストライプコットンが登場した。この全く新しい2糸編みには、1キログラムあたり1000メートルを作成するための特別な編み機が必要でした。それは、子供時代の世界に関連するそのパターンの繊細さによって認識できます。

1990年、プチ・バトーが子供の外部環境から保護するために設計された素材、柔らかさと暖かさの両方の特性を組み合わせた新しいウールとコットン生地を作成したとき、綿の柔らかさにウール糸の暖かさが追加されました。

仕上げ

ピコットステッチとココットステッチは、プチバトーブランドのアイデンティティ仕上げの一部です。

ピコットステッチは無料のミニループを形成し、ココットステッチは1960年代にプティ・バトーによって特別に発明された手順によって作られたタイトなステッチで構成されています。

プチ・バトーのアイコン

プチバトーコレクションは、季節ごとに特定の常設機能で構成されています。コレクションからコレクションまで、ブランドの発明(パンティー、ピンストライプコットン、テリーベロア)だけでなく、象徴的になった衣服も存在しています。ブルトン「マリニエール」ストライプトップ、Tシャツ、ベストトップ、パンティー、ワックスレインコート、ピーコートは、ブランドが子供だけでなく大人も季節ごとに更新する必需品の一部です。

ブルトンのストライプトップは、1995年の春夏シーズンにプチバトーコレクションに登場しました。それ以来、ブランドはカット(ラウンドネックラインまたはアドミラルネックライン、またはアメリカンアームホール)とその色で季節ごとに進化させています。

漁師の油を塗った布のコートに触発されたプチ・バトーの黄色のワックスレインコートは、1996年の夏に作られました。このブランドは現在、各コレクションで船乗りのワードローブのこの要素を使用しています。それは新しい色と新しい形でそれを再訪し、その裏地にピンストライプコットンを使用して、その範囲のこの製品を選び出しました。

プチバトーTシャツはもともと120年前にトロワで生まれ、最初はウールで、次にプレミアムコットンで生まれた下着でした。1990年代半ば、ミニマリストのトレンドの中で、プチバトーはファッショナブルなブランドになりました:カール・ラガーフェルドは、クラウディア・シファーにシャネルのスーツの下でプチバトーTシャツでキャットウォークを歩かせました。成功は即時でした。子供用の下着、白いプチバトーTシャツは、大人が着用する新しいファッションアイコンである外着になりました。この現象に燃料を供給するこのブランドは、ファッション編集者にTシャツを送り、大人サイズのモデルを生産し、1996年にカラーTシャツの範囲を発売し、黒などの「赤ちゃんっぽい」色を提供しました。Tシャツの販売は今後3年間で10倍に増加し、プチ・バトーは1999年にプランタン・オスマンの成人服部門に参入しました。

今日、プチバトーTシャツの売上高は年間400万枚に達した。子供のサイズの範囲は家の精神を保つために維持されていますが、大人にも服を着せるために18歳まで延長されています。2000年代以降、コレクションは大人向けに特別に開発されてきました。

広告

早期キャンペーン

プティ・バトーは、1920年以来、広告を使用した最初のブランドの1つでした。イギリスのイラストレーター、ベアトリス・マレットがデザインした架空のキャラクターであるマリネットは、30年間ユーモアで会社を代表していました。彼女のふっくらとしたいたずらな外観は、歴史的に遊び心のある軽快な広告にブランドを固定しました。ブランドは常に子供たちのエネルギー、創造性、自由をメッセージの中心に据えてきました。

ターニングポイント

1990年代初頭から、プチ・バトーはBETCエージェンシーと協力して広告キャンペーンの構築に取り組んできました。1994年、ジャック・デュトロンの歌で区切られたキャンペーン「Don’t do this, don’t do that」は、子供のための広告の顔を変えました。大衆はこれらのコマーシャルで「何もできないなら服を持つことの何の役に立つのか」というスローガンを発見した。そして集会の叫び「プチ・バトー!」。キャンペーンの遊び心、自発性、陽気なトーンは人々を魅了し、プチバトーTシャツの新しい悪評に支えられ、ブランドの人気が高まりました。

2004年、プティ・バトーは「大人のためにも」というスローガンで、子供の頃の世界の優しさを呼び起こして、大人に話しかけました。4年後、BETCはアダルト市場の再征服を目的としてプチ・バトーの「レ・モア」(「月間」)キャンペーンを作成しました。「ブランドコミュニケーションにおける大人の体重は、子供についてだけ話すことを不可能にします」と、代理店の副社長であるミュリエル・ファニョーニは言いました。スローガンは「永遠」になり、成人の年齢は数ヶ月で表現されました。

2013年、BETCによる新しいキャンペーンは、「月」のテーマを継続し、プティ・バトーの世代を超えた次元を自発的に誤った構文「永遠に古いことはない」と強調し、エネルギーと自発性に基づいて写真を使用しました:モデルはスキップ、舌を突き出す、または踊ります。

国際的になる

2015年、プチ・バトーは、製品の品質面と子供時代の自発性に基づいて広告キャンペーンを開始しました。ミニファクトリーのコマーシャルは、プティ・バトーの国際的なターニングポイントとなった。BETCによって作成され、パトリック・ドーターズによって監督され、まるで子供の想像力から取られたかのように、架空の生産プロセスに従う秘密の工場で子供たちを上演しました。この映画は、製造とストレステストの複雑なプロセスを発表しました。2016年3月、ブランドは明るくカラフルな作品のシリーズである英語で「真面目な子供たちのために」というスローガンで印刷されたキャンペーンを開始しました。 このキャンペーンでは、子供たちがあまり怖くない段ボールのマスクでドレスアップし、素晴らしい冒険を生きるために街を引き継ぐことを示しました。

2017年、プチ・バトーはルイス・セルベロ監督の新しい広告映画を公開した。観客は、子供たちのテストを受けたプチ・バトー・ブルトンのストライプのスウェットシャツの日に続いた。この広告では、スウェットシャツは子供たちの日常生活に付随しています。コマーシャルは、プラスチックベルトランのÇa飛行機 pour moiのタイトルラインで区切られた、1分で72ショットのシーケンスを通じてブランドの精神を保持します。 創設以来人気のあるメロディーのフォロワーであり、有名な童謡「Maman les p’tits bateaux」(「水上に行く小さなボートは足を持っていますか?」)に触発された独自の名前は、1978年にリリースされたジャック・デュトロンの曲を再利用することで、2017年に音楽的アイデンティティを強化しました

コラボレーション

ゲストデザイナー

プティ・バトーは多くのファッションブランドとコラボレーションしている。カーヴェン家のギヨーム・アンリ、ツモリ・チサト、ディディエ・ルド、セドリック・シャルリエ、クリスチャン・ラクロワ、メゾン・キツネ、ジャン=シャルル・ド・カステルバジャック、イネス・ド・ラ・フレサンジュ時には、K-wayとのコラボレーションのように、他のブランドの象徴的な作品を再訪するのはプチバトーです。

ゲストイラストレーター

ファッションの世界を超えて、プチ・バトーは現代の児童文学から1980年代の代替文化まで、さまざまな地平線のイラストレーターとのパートナーシップを確立しています。したがって、Deyrolleの家 Keith Haring、Hervé TulletまたはL’École des loisirs(Claude Ponti、Tomi Ungerer、Mario Ramos、Dorothée de Monfreid、Iris Moüy)の象徴的な著者は、それぞれが順番に

パレ・ド・トーキョーのトックワークショップのパトロネージュ

2017年2月以来、プチバトーは若い聴衆へのアプローチでパレ・ド・トーキョーを支援してきました。プティ・バトーは、5歳から10歳の子供のためのトック・トック活動のスポンサーであり、子供たちに創造の俳優自身をさせることで現代美術を認識させます。実験、想像力、レクリエーション:子供たちに現代美術に慣れさせる楽しい方法。このパートナーシップの一環として、Petit Bateauは、アーティストが教育的な方法で子供たちに作品を発表し、自宅で作品の影響を受けたユニークな作品を作成するように招待するTok-Tokビデオも制作しています。

生産と品質

同社はUFC-Que Choisirから消費者を欺いたと非難されている。ファビアン・マレーソンによると、同社は自社製品がフランス、特にトロワで作られていると顧客に信じさせる技術の「過去のマスター」です。彼女は記事の中で、生産の20%だけがフランスで、80%が北アフリカで生産されていると推定している。この出版物は、作業評議会の秘書であるジャン=ピエール・ランブールによって批判されています。組合代表は、同社がまだオーブで1,100人、フランスで2,000人を雇用しているが、靴下部門の企業の大半が閉鎖されているという事実を強調しています。

120周年を記念して、プチ・バトーは、同社のCEOであるパトリック・パーガメントによると、「フランスのノウハウを永続させる」会社の労働者に敬意を表して42枚の画像からなるステファン・ルマエル監督の都市写真の旅を制作しました。

編み物と染色の45%はトロワのプチバトーサンジョセフ工場で行われ、残りの55%は1989年に作成されたモロッコのプチバトー工場で行われています。

製造に関しては、衣類(パンツ、パジャマ、パンティー、Tシャツ)の85%は、マラケシュのプチバトー工場とモロッコとチュニジアのパートナー生産工場で作られています。 2017年4月にトロワ工場の史跡のワークショップを訪問した後、フランソワ・オランドが強調したように、生産の一部を北アフリカに移すことを決定していなかったら、プチバトーはもはやトロワに存在しなかっただろう。残りの15%については、プチバトーはブランドを補完する専門知識を持つメーカーと協力しています。したがって、レインコートやズボンなどの製品は、特に東ヨーロッパやアジアに設置されている約30の外部サプライヤーによって製造されています。

家の持続可能なアプローチは、プラスチックが禁止されている販売包装にも影響を及ぼします。プチバトーは、循環経済に基づいて個人間のリサイクルを開発することにより、2017年に持続可能なアプローチに取り組んでいます。「Faites passer les Petit Bateau」(「プチバトー」のパス)と呼ばれるこのプチバトーアプリケーションのウェブスペースは、ブランドの中古衣類の売り手と買い手(ほとんど不滅とみなされる)を無料で連絡させます。

Antenne France
Antenne France
Articles: 737
Enable Notifications OK No thanks