“Choose France”: “Uber Files “を背景に、投資発表はどう受け止められるか?

7月11日にベルサイユで開催される「Choose France」サミットで発表される外国投資は、フランス大統領自身が大臣だったころのUberの強引なロビー活動に関する暴露の渦中にある中、どのように受け止められるのだろうか。エマニュエル・マクロンは、海外の主要グループのトップと並んで、新技術や戦略的分野のプロジェクトに約70億ユーロの投資を発表する予定です。

第5回目となる「Choose France」サミットの舞台は、これまでと同様、ヴェルサイユ宮殿です。

しかし、海外の主要グループのCEO180人が出席する一方で、多くのメディアによって明らかにされたスキャンダル、特に大統領がフランソワ・オランド大統領の下で経済大臣を務めていたとき、物議を醸しながらもフランスでのUberの台頭に積極的な役割を果たしたとされることで、イメージが悪化する危険性があります。

関連記事:“Uber Files”:VTC大手の残虐な手法にベールを脱ぐ膨大な調査結果

67億円の投資

この月曜日の午後に、この偉大なリーダーたちから発表があるのだろうか。67億ユーロの投資と4,000人の常用雇用の創出。これは、昨年1月にすでに発表された40億ユーロに加えられるものです。健康分野を中心に多くの研究開発プロジェクトがあり、10人のボスが出席し、30億円を投資した。

欧州レベルで産業主権や移転の問題が叫ばれている今、フランスは産業プロジェクトのチャンピオンであることを示したいと考えています。実際、3年連続で欧州の投資先として、また海外からの直接投資先としてトップになっています。これは、共和国大統領が自分の記録に加えるつもりでいることです。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220711-choose-france-sur-fond-d-uber-files-quel-écho-auront-les-annonces-d-investissements

メールマガジン購読
Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks