ジェームス・ウェッブ望遠鏡の初画像、これまでで最も深い宇宙の画像を撮影

ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡からの最初の科学的画像は、控えめに言っても待ち望まれたものでした。史上最強、最高級のマシン…。12月25日の発売から半年以上待たされた末のことである。ジョー・バイデン(米国大統領)自らが最初の画像を披露するほどのイベントとなった。

関連記事

アメリカ、ヨーロッパ、カナダの機関が共同で開発した新しい宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」は、天文学に革命をもたらすと期待されています。この最初の画像はほんの味見ですが、続きが見たくなるような画像です。

President Biden and Vice President Harris Receive a Briefing on James Webb Space Telescope Images

 

何ヶ月も待たされ、1時間以上も遅れた後、ジョー・バイデン米国大統領は、最初のウェッブ・ディープ・フィールドを発表しました。目もくらむような写真、宇宙の片隅で長いポーズをとっているが、中にはガスの雲、何千、何万もの銀河、130億年以上も前の銀河がある。

 

メールマガジン購読

 

7月12日(火)には、合計5枚の新しい画像が世界に向けて発表されます。星が誕生するカリーナ星雲、コンパクトな銀河群であるステファン五重奏、さらには太陽以外の星の周りを回る太陽系外惑星など、さまざまな天体を観測し、その大気を初めて調べることができたのです。

この最初の画像は、探査機の校正キャンペーンの最後を飾るものです。軌道上で最大の望遠鏡は、その後1年間にわたる科学観測の最初のサイクルを開始する予定です。プログラムには、世界中の研究者が選んだ数百の観測対象が含まれています。

https://www.rfi.fr/fr/science/20220711-première-image-du-télescope-james-webb-la-plus-profonde-de-l-univers-jamais-prise

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 638