フランスは中絶の権利を憲法に定めることで歴史を作る

フランスの議員は、特別議会会議のために月曜日にヴェルサイユ宮殿に向かいます。これは、女性が中絶にアクセスする権利を保証する歴史的なプロセスの最後のステップです。この問題は、長い政治的および法的綱引きの中心であり、米国最高裁判所が中絶に対する憲法上の権利を覆してから2年後に起こります。

国会と上院の合計925人の議員が月曜日の午後にバスでヴェルサイユに移動し、「女性が中絶にアクセスする自由を保証する」ために憲法第34条の改正について投票します。

彼らの5分の3は、それが可決するために修正案に投票する必要があります。そして、彼らがそうすれば、予想通り、フランスは基本法で妊娠を終了する権利を明確に保護する世界で唯一の国になります。

政府は法案の紹介で、2022年6月に最高裁判所が全国的に手続きへのアクセスを保証した1973年のロー対ウェイド判決を覆した米国での中絶権のロールバック後に変更が必要であると述べた。

それ以来、約20の州が中絶を完全または厳しく制限したアクセスを禁止し、他の州はそれを保護するために動いた。

2023年4月15日、ワシントンDCの米国最高裁判所で中絶の権利を支持するデモ隊が結集した。AFP - アンドリュー・カバレロ=レイノルズ
2023年4月15日、ワシントンDCの米国最高裁判所で中絶の権利を支持するデモ隊が結集した。AFP – アンドリュー・カバレロ=レイノルズ

「歴史を書く」

中絶の権利をフランス憲法に定め込む動きは、水曜日に上院で採択された最大のハードルを通過した。

選出された役人とNGOは結果を歓迎した。家族計画(計画された親権)は、それを「世界中のフェミニストへの希望のメッセージ」と呼び、ハード左のMPマチルド・パノットは「私たちは歴史を書いている」と述べた。

Osez le Féminisme(Dare Feminism)活動家グループは、この動きを「フェミニストと自分の体をコントロールする権利を保証したいすべての女性の勝利」として歓迎した。

国際人権連盟(FIDH)の女性の権利と男女平等の責任者であるアリス・ボルダサーレは、中絶の権利を憲法に定めるための措置を講じることは、それを攻撃から守ると述べた。

彼女は、バチカンの支援を受けて、フランスや他の国、特に米国、ブラジル、ロシアで「全権利」、つまりプロライフ、グループの声が大きくなっていると警告した。

「(フランスの)保守的な国会議員の何人かは同じ議論を使っている」と彼女はフランス24に語り、「女性の権利は人権である」と付け加えた。

1974年、シモーヌ・ヴェイル元保健大臣は、多くの議員の激しい反対にもかかわらず、フランスで中絶を合法化する法律を推し進めた。1975年1月17日に制定された法律は、彼女の名前を冠している。AFP/ファイル
1974年、シモーヌ・ヴェイル元保健大臣は、多くの議員の激しい反対にもかかわらず、フランスで中絶を合法化する法律を推し進めた。1975年1月17日に制定された法律は、彼女の名前を冠している。AFP/ファイル

追加のセーフガード

中絶と避妊へのアクセスは、ベール法の下で1975年以来フランスで合法となっていますが、歴代の政府が法律をロールバックすることを妨げるものは何もありませんでした。

権利団体は、憲法上の権利として法律を祀ることは、政治的操作や世論の変動から保護すると述べた。

「この変化が他のヨーロッパ諸国が追随するように促すことを願っています」と、女性の権利を専門とするアムネスティ・インターナショナルの研究者、アンナ・ブルスは言った。

彼女は、ポーランドなどの他の国の状況に言及し、新政府が中絶に対する制限措置を解除するための措置を講じることを期待している。

ヨーロッパで中絶することは容易でも保証でもありません。

ヨーロッパ全土の不一致

ヨーロッパの女性の95%は、中絶へのアクセスを許可する国に住んでいます。ヨーロッパ39カ国は、いくつかの制限はあるが、要求に応じて中絶へのアクセスを合法化した。

6カ国には厳しい制限がありますが、中絶をまったく許可していないのは3カ国(アンドラ、マルタ、サンマリノ)だけです。

しかし、手続きが合法であっても、短い時間枠、複雑な管理手順、アクセスの欠如、社会的スティグマがアクセスをブロックする可能性があります。

「ヨーロッパに住むことは中絶宝くじに参加している」と、フェミニストニュースレターインパクトの編集者であるミーガン・クレメントは言った。

「中絶へのアクセスは非常に不安定であり、国間や国内でさえ一致はほとんどない」と彼女はフランス24に語った。合理的な期間内に安全な中絶にアクセスできるかどうかは、どこに住んでいるかに完全に依存します。

不均一なアクセス

2022年、フランス政府は、選択的中絶の制限を12週間から14週間に延長する法律を可決し、助産師がいくつかの手順を実行することを許可し、医師がいわゆる良心条項を使用してそれらを拒否することを禁止しました。

中絶ケアはフランスの社会保障制度によって完全に払い戻されますが、アクセスは全国、特に農村部で異なります。

このような不平等に対処するために、1つの提案は、監督なしで自宅で服用できる錠剤を使用して、薬による中絶へのアクセスを増やすことです。

世界保健機関は、中絶薬は妊娠の最初の12週間以内に安全に自己投与できると述べたが、フランスの法律は最初の9週間以内にのみ薬による中絶を認めている。

この方法は、妊娠13週前に行われる中絶の少なくとも90%を占め、ヨーロッパ全体の中絶の少なくとも半分を占めています。

https://www.rfi.fr/en/france/20240304-france-makes-history-by-enshrining-abortion-rights-in-constitution

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks