輸入された蜂蜜は、厄介な状況にあるフランスの養蜂家を上陸させます

パリの農業フェアでベトベトなグッズを披露するフランスの養蜂家は、市場が輸入で飽和しているため、蜂蜜の販売がますます難しくなっていると言います。農薬規則のロールバックも、ミツバチの福祉を心配しています。

イザベル・マルティネッティ ビデオ:イザベル・マルティネッティ

フランス人は蜂蜜や他の蜂の巣製品がとても好きです。

フランスでは毎年約45,000トンの蜂蜜が消費されています。これにより、フランスはヨーロッパで最も蜂蜜を消費する国の1つになり、平均的な人は600グラムの蜂蜜を消費しています。

フランスでは、毎年ますます多くの蜂蜜が食べられ、少なくとも75%の人々が定期的に黄金の蜜を消費しています。

しかし、過去20年間で、フランスで生産される蜂蜜の量は劇的に減少しました。

輸入された蜂蜜

「最近の研究では、スーパーマーケットの蜂蜜の46%以上が輸入されていることが示されている」と、パリ近郊のセーヌ・エ・マルヌに拠点を置く養蜂家メラニーはRFIに語った。

「フランスは消費者のために十分な蜂蜜を生産していないので、蜂蜜を輸入することは十分に公平です。しかし、おそらくスーパーマーケットがフランスの蜂蜜を宣伝する時でもあります。

フランスは毎年平均35,000トンの蜂蜜を輸入している。これのほとんどはウクライナとスペインだけでなく、ドイツ、アルゼンチン、中国からも来ています。

今月初め、50人以上の養蜂家がフランス西部のナント近郊のスーパーマーケットの棚から「フランス以外の蜂蜜」を取り除き、農業における農薬の使用も非難した。

メラニーはパリ近郊のセーヌ・エ・マルヌ出身の養蜂家で、約400の巣箱を持っています。彼女は2024年2月28日にパリのサロン・ド・ラグリカルチャーでスタンドの前でポーズをとっている。© RFI
メラニーはパリ近郊のセーヌ・エ・マルヌ出身の養蜂家で、約400の巣箱を持っています。彼女は2024年2月28日にパリのサロン・ド・ラグリカルチャーでスタンドの前でポーズをとっている。© RFI

フランスの養蜂の専門家は、このセクターは十分に搾取されていないと言います。フランスには幅広い蜂蜜品種がありますが、生産は需要に追いついていません。

「フランスは優れた蜂蜜を作り、優れた生息地を持っていますが、1キロあたり5ユーロ未満の蜂蜜は生産する価値がありません」とメラニーは付け加えます。

フランス東部の養蜂家であり、有機蜂蜜生産者であるラファエルも同意する。

「フランスの有機養蜂家と従来の養蜂家の両方にとって、私たちの製品を販売することは非常に困難です」と彼は言います。

「私たちは巨大な株を持っている同僚を扱っています。一般的に、私たちは1年前に働きます。これにより、非常に悪い生産年をスムーズにすることができます。

「今、私たちは主に2年前に働いており、収益は非常に低くなり始めています。」

農薬規則の緩和

養蜂経済が直面するもう1つの問題は、農業で使用される農薬を削減するEcophyto 2030計画の停止です。

養蜂家は農家とよく働き、春の多花、ヒマワリ、そばの蜂蜜を栽培しています。

「植物検疫製品(農薬を含む)を作物に使用しなければならないと突然言われたら、災害が起こることは明らかです」とメラニーは言います。

農薬がミツバチを殺すことは証明された事実です。

その後、アジアのスズメバチ、バロアダニ、気候変動など、ミツバチの死亡率に寄与する他の要因があります。

「農家がこれらの製品を必要としていることは理解していますが、フランスにもたくさんの人がいるので、養蜂家と協力する必要があります」とメラニーは付け加えます。

農民と協力しながら、生物多様性と職業を守るための計画を立てなければならない。

https://www.rfi.fr/en/france/20240302-imported-honey-puts-french-beekeeping-in-sticky-situation-video-in-progress

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks