国際青少年デー:新しい世代に関する決まり文句をやめよう

若者は皆同じだ。怠け者で、スクリーンに飽き、孤立し、不満があり、学がなく、政治が嫌いだ…。国際青少年デーにちなんで、このカテゴリーにまつわる決まり文句を見てみましょう。このカテゴリーは曖昧であると同時に広大であり、しばしば指摘されますが、正しい理由による指摘はほとんどありません。

8月12日は国連が定めた「国際青少年の日」です。それは、特に生態系の危機に関しては、通常、古い世代の希望をすべて背負っている新しい世代を祝福する方法なのです。しかし、逆説的ではあるが、上の世代が下の世代に対して多くの偏見を抱くのを防ぐことはできない

若者

これが1つ目の決まり文句です。2022年、若者には15歳から24歳、つまり1998年から2007年の間に生まれたすべての人…あるいは12歳から26歳の人…あるいは30歳以下のすべての人が含まれます。”若さ “は意味がない。ルロベールの辞書では、”幼年期から成年期までの人生の時期 “と定義しようとしている。もし国連が「若者」を12歳(あるいは15歳)から24歳(あるいは30歳)の間に生まれた者と定義する研究を提案するならば、年齢による若者の定義がすでに複雑な問題であることは明らかである。子供時代は15歳で終わるとは限らないし、成熟するのは24歳までとは限らない。

“若者 “もまた、社会学者にとっては異常な存在である。年齢という恣意的な基準で人口全体を標準化することで、社会集団や個人間の社会的・経済的な差異を消し去ってしまうのです。雇用、文化、消費財への不平等なアクセス、「若者」の差は同じテリトリー内に複数存在するのです。したがって、「若者」と明記した方がよい。

「若者」について語る人は、社会学的な現実よりも、自分の感情や背景から空想した画一的な若者について語ることが多い

「若者は自分のことしか考えていない」

若者は個人主義で、他人や政治や団体にコミットしないと言われています。そうではありません。都市への投資は、30年前と同じようにはいかないだけなのです。労働組合や政党といった古典的な政治的コミットメントよりも、慈善団体やスポーツ団体、単発のイベント、デモ、ソーシャルネットワークへの参加が若者には好まれています。ソルボンヌ・ヌーベル大学の研究者であるサラ・ピカードが、「Do it yourself politics」、「made-to-measure politics」について語る。

メールマガジン購読

特に、若いうちはなかなか関わらないものですからね。2012年にカナダで行われた調査では、若者の多くが「将来的にエンゲージメントの可能性を持っており、エンゲージメントのレベルを下げているのは主に一時的な障壁である」ことが示されています。このような一時的なバリアは、時間や機会の不足です。若者の関与を長期的に妨げる可能性のある障壁は、政治体制に対する拒否反応と、ネットワークやその国のニュースを追うといった政治的リソースの不足である。

純粋な政治に関して言えば、フランスの若者は棄権率が非常に高いのは事実です。しかし、この脱落は、政治家候補の年齢が前回の立法府選挙で49歳だったこと、政治家のコミュニケーションが依然として高齢化していること(それを意識し始めた人もいるが)、あるいは、年金や購買力といった、若者の関心を引くのに苦労する多数派の議論が、彼ら自身ですら排除されることがあるからだと説明することができる

また、政治的関与へのアクセスを得ることの難しさも、このような関心の低さの原因になっていると思われる。フランスでは、6,700万人のフランス人のうち、2020年には18歳から30歳までの若者が約1,000万人いると言われています。そのため、選挙権年齢人口の20%近くを占めるが、新国会では4%しか代表されない。577人の議員に対して、30歳以下の議員は25人である。そして、これはフランスに限ったことではありません。”世界レベルでは、30歳未満の国会議員はわずか2.6%であり、この若い国会議員のうち女性は1%未満である。

「若者は働きたがらない」

フランスの雇用主は、1957年に作られた漫画「ガストン・ラガフ」にまとめられた決まり文句に特に影響を受けている。この漫画では、ガストンは技術好きの若手社員で、年配の人には複雑で理解できないような新しい革新的なものに興味を持つようになります。新しいものには興味を持つが、それがオリジナリティに欠け、手間のかかるものであると、興味を失ってしまうという、選択的な興味や動機付けを持っている。先輩たちから見ると青臭いし、伝統的な会社の組織にも非常に抵抗がある。上司はいるが、その指示を尊重しない。

EM Normandieの人材マネジメントの教授であるJean Pralongは、若者と雇用に関する決まり文句を長い間研究してきました。彼にとって、Gaston Lagaffeは雇用者の認識を要約したものです。「管理が難しく、創造的だが怠惰で、物事に対する興味が変わりやすく、とりわけ時代精神、特にエコロジーに無理にでも興味を示す人」です。フランスの特殊性:他の国々では、ジャン・プラロンが参加した調査によると、雇用主は候補者の年齢にはあまり影響されないことが分かっています。

しかし、国立青少年大衆教育研究所(Injep)が2万3千人のフランスの若者を対象に行った調査によると、学校を卒業して3年後、85%が仕事以外の人生を優先していることがわかった。フランスでは、多くの国がそうであるように、誰もが同じ資源を持って帰るわけではないのです。労働者の息子より、経営者の息子の方が、正社員を見つけるのはずっと簡単だろう。”就職活動において、ソーシャルオリジンは依然として強力かつ断片的に機能しています。若者が安定した仕事にアクセスするために費やす時間を説明するため、強力です。勉強のレベル、インターンシップの質、ネットワークの質など、さまざまなレベルでばらつきが生じるからです」と、プラロン教授は説明する。

不平等もまた、仕事のビジョンの一部なのです。Injepの調査によると、最も有利な職業的立場にある若者は、ワークライフバランスの重要性を強調しています。あまり好ましくない状況の人は、雇用の安定と給与を重視しています。

「若者は常に携帯電話を使っている」

また、スクリーンタイムは世代間の現象でもあります。Vertigo Research社がLe Figaro誌のために行った最近の調査によると、フランス人は自由時間の60%をスクリーンに費やしており、すべての年齢を合わせても、世代間の差はあまりないそうです。確かに、最年少は1日3時間半以上、画面に向かう時間がありますが、最年長は1日平均3時間、テレビを見ているそうです

若者の間では、電話の使用に関して大きな不平等があります。ランス・シャンパン・アルデンヌ大学社会学部講師のニコラ・ルー氏は、「電話やコンピュータを持つことは、その可能性を最大限に活用する方法を知ることではない」と指摘する。電子メールを正しく書くこと、ビデオ会議をうまく使いこなすこと、ソーシャルネットワークやインターネットリサーチをマスターすることは、若者によって大きく異なる変数です。

発展途上国と豊かな国の劇的な違いは言うまでもありません。世界中の若者が、生まれた場所によって同じようにスマートフォンにアクセスできるわけではありません。”例えば、タンザニアでは、18-35歳のうち、インターネットを使用し、かつ/またはスマートフォンを所有していると答えた人はわずか30%であるのに対し、一部の先進国では100%となっています。”と、2020年に発表された国際労働機関(ILO)の「若者の世界雇用動向」レポートには書かれています。

「若者は教養がない」

最後に、若者の文化への関わり方について、「文化的な活動への関心が低い」という決まり文句を挙げておきます。しかし、研究はすべて逆の方向を向いています。Injepによると、2019年には若者一人一人が13種類の文化的実践を少なくとも年に一度は行い、91%の若者は動画を作ったり、演劇やダンスをしたりして文化を創造しているとさえ言われています。

読書に関しては、1973年から2008年にかけて読書への関心が低下した後、フランスの若者は安定し、10年前と同じように読書をしている。2008年以降、78%の若者が年に1冊以上本を読んでいる。これは、全国平均の86%よりやや低く、高齢者の区分が増えることで増加します。

Stéphanie Pourquier-Jacquinは、Institut National Supérieur de l’Education Artistique et Culturelle(Insaac)の講師で、18歳から25歳の若者の映画への関心に興味を持ちました。「映画館は最も一般的な習慣であり、学生は少なくとも年に1回は映画館に行くということです。

また、文化的な習慣も若者の間では非常に多様で、アクセスが困難な場合もあります。映画館に行くのも、田舎より都会の方が、お金はかかりますが、簡単なようです。フランス政府による「カルチャーパス」の創設は、芸術文化教育制度の継続の必要性を主張しつつも、その意味で研究者は歓迎している。「学校、大学、高校で、例えば映画館に行くような芸術文化教育制度の恩恵を受けた生徒は、高校生活において意味のあることであり、継続したいと思うことがわかります」と、研究者は結論付けています。

 

https://www.rfi.fr/fr/monde/20220812-journée-internationale-de-la-jeunesse-stop-aux-clichés-sur-les-nouvelles-générations

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks