マクロンは「厳しい条件」の下で「死ぬのを助ける」法案を発表する

エマニュエル・マクロンは日曜日、ラ・クロワ・エ・リベラシオンとのインタビューで、「厳しい条件」の下で「死ぬための援助」を開く法案が4月に閣僚会議で5月に国会で第一読会のために提示されると発表した。

「完全かつ完全な識別ができる」主要な患者は、「短期的または中期的に行われた人生の予後」を持つ「不治の病」に苦しみ、「難治の」苦しみ(緩和できない)に苦しんでいる、国家元首は「死ぬために助けを求めることができる」と2つの日刊紙に語った。したがって、アルツハイマー病などの識別を変える精神疾患または神経変性疾患の未成年者および患者は除外されます。

医療チームから好意的な共同意見があった場合、致命的な物質が人に処方され、彼は自分で投与するか、彼が「物理的に進めることができない」場合は第三者の助けを借りて投与することができます。この第三者は、10日以内に国務院に送信しなければならないテキストによると、「技術的な制約がそれを妨げないときに彼が任命する自発的な人」、または「彼に同行する医師または看護師」である可能性があります。管理は、自宅、エパド、またはケア施設で行います。

患者の「同意」は不可欠です

患者の要求の後、「決定の堅実さをテストするために最低2日間待つ」とエマニュエル・マクロンは説明する。「その後、回答は最大15日以内に行われなければなりません。好ましい反応があった場合、処方箋は3ヶ月間有効であり、もちろん患者はいつでも撤回できる期間である」と彼は付け加えた。彼は、不利な意見がある場合、患者は「別の医療チームに行く」または「控訴する」ことができると指定しています。

この行為が自殺幇助の形態に似ているかもしれないとしても、大統領は、患者の「同意」が不可欠であり、「医学的決定にはその役割がある」ため、この用語または安楽死の用語を避けたかったと保証します。

彼が提案しているのは、安楽死の例外の可能性のある自殺幇助のモデルです。これは、人生の終わりに関する市民大会が推奨していたものではありません。

ジョナサン・デニス、尊厳を持って死ぬ権利協会会長

https://www.rfi.fr/fr/france/20240310-france-macron-annonce-un-projet-de-loi-pour-une-aide-à-mourir-sous-conditions-strictes

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks