REV Societyで、Aurore Jacquesはタイツを変えて、地球のためのエコ・ジェスチャーをする。

卒業後、Aurore Jacquesは2019年にREV Societyを設立しました。繊維製品の生産過程で発生する端材を利用したタイツとソックスのブランド。オーロラ・ジャックはタイツにリサイクルナイロンを使用しており、ブランド創設以来、1トン以上の繊維廃棄物をリサイクルしてきました。フランスとイタリアを結ぶエコシステムで、エコロジータイツなどをオンラインのみで販売。 

[ja] REV Societyで、Aurore Jacquesはタイツを変えて、地球のためのエコ・ジェスチャーをする – powered by Happy Scribe

そしてRFI100%作成。マリア・アフォンソ

学位を手にしたオーロラ・ジャックは、2019年に繊維生産の端材を使ったタイツとソックスのブランド「REV Society」を設立しました。オーロラ・ジャックは、コラムにリサイクルナイロンを使用し、ブランド創設以来、1トン以上の繊維廃棄物を再利用しています。フランスとイタリアを結ぶエコシステム、エコロジータイツのオンライン販売のみ。そのほかにも、いろいろなことがあります。

また、クリエイティビティとは、物事をありのままに受け止め、状況、どのようにしたら違う見方ができるか、あるいは違うやり方ができるかを考えることです。だから、クリエイティブというと、坂道を下っていくようなイメージを持つことが多いのですが、エトセトラ。自分が作ったモノや服、この場合、それを通じて日常生活を変えることができるアプリケーションが本当にあるんです。

REV Societyの創設者であるAurore Jacques氏。

Rêvesのブランド名には、夢を見る、革命を起こすという本当の意味が込められています。だから、私たちが行うことが環境に与える影響をもっと考慮した、より良い世界を夢見ているのは明らかです。そして、昔からある商品でありながら、数十年間あまり変化のなかったタイツに革命を起こすこと。クラブのようなものを入れようということでした。私たちがよくやっていることは、お客様からのフィードバックを受け、また新しい製品の設計に役立てることです。このブランドの中に入れるのは、ちょっとうなずけます。

オーロラ・ジャック 私は政治学とビジネススクールを卒業し、非常にジェネラリスト的なバックグラウンドを持っていましたが、彼女が環境問題を意識するようになったのは、高級品業界での最初の体験でした。REV Societyの創設者にとって、美学、倫理観、そして環境に配慮した素材に注目することは重要なことでした。2019年、オーロール・ジャックはリサイクルタイツでファッション市場に打って出ます。

だから、繊維産業から出る廃棄物は使わない。そして、夢の実現以来、この廃棄物を1トン以上リサイクルすることを可能にしました。そこで、イタリアの紡績会社を経由して、自社の廃棄物を利用した紡績を行うのです。これにより、炭化水素への依存度を減らし、水の使用量とCO2発生量も通常のタイツに比べて約半分に抑えることができます。今日もヨーロッパでパンストの専門家をスムージングしています、本当にいるんです。タイツや履物全般には、産業界や研究開発の生地があります。

Aurore Jacquesによると、このタイツのデザインは、エコロジーの利点にとどまらないそうです。また、より長寿命で快適な製品を設計することでもあります。

エコロジー製品を作るためにエコロジー製品を作るというのは、私たちには意味がありませんでした。それに、必ずしも魅力的なものではありません。だから、私たちはブランドや製品も、女性が着ていて気持ちいい、着ていて素敵だと思えるようなデザインにしました。これも私たちにとって、とても重要なことでした。このアイデアは、ほとんどのスカートやドレスに合わせることができる、毎日のお供を作ることです。

RFI、Point frでREV Societyの世界を発見してください。クロニクル、100%クリエーション、ポッドキャスト

“創造性 “とは、物事をありのままに受け止め、どのように違う見方ややり方ができるかを考えることでもあります。クリエイティビティというと、アート、絵を描くことを思い浮かべますが、私にとってそれだけではありません。自分が作ったモノ、この場合は服を通して、日常を変えることができるアプリケーションがあります。

と、REV Societyの創設者であるAurore Jacquesは言う。

“REV Society “というブランド名には、意味があるのです。夢を見ること、革命を起こすこと。私たちが行うことが環境に与える影響を考慮したより良い世界を夢見ること、そしてタイツという、長い間存在しながらも数十年間あまり変化していない製品に革命を起こすこと、当然です。 私たちはお客様から多くのフィードバックをいただき、新しい製品の設計にも役立てています。このブランドの中に彼らを含めるのはうなずけます」とオーロラ・ジャックは付け加えます。

REV会の創設者は、非常にジェネラリスト的なバックグラウンドを持っています。サイエンス・ポとビジネススクールで学ぶ。環境問題を意識するようになったのは、ラグジュアリー分野での最初の体験がきっかけだった。REV Societyのクリエイターにとって、美意識、倫理観、そして環境に配慮した素材に注目することは重要なことでした。

REV Society タイツ – フランス製20Dシリーズ © REV Society

タイツを変える、女性の生活を変える、地球にいいことをする

2019年、オーロラ・ジャックはリサイクルタイツでファッション市場に参入します。

“REVが誕生して以来、繊維産業から出る廃棄物を利用し、1トン以上リサイクルすることができました。イタリアの紡績会社を利用しています。自分の廃棄物を利用する紡績業者。これにより、炭化水素への依存度が下がり、水の使用量も約半分、CO2排出量も従来のタイツに比べ約半分になりました。イタリアでは、現在ヨーロッパでパンティストッキングのスペシャリストとして活躍しています。イタリアには、タイツの産業と研究開発の生地がすべて揃っています。”

REV Society – Collection 2020 © REV Society

環境対応とフレンチエレガンス

オーロラ・ジャックのタイツデザインは、エコロジーの観点だけでなく、快適で長持ちするデザインであることも重要なポイントです。

“エコロジーな製品を作るには、エコロジーな製品を作るには、意味がなかった。そして、それは必ずしも魅力的ではない “ということです。女性がこのタイツを履いて気持ちよく、より美しくなれるようなブランドを目指してデザインしました。私たちにとって、タイツはスカートやドレスのほとんどに合わせることができる、日常のパートナーなのです」とオーロラ・ジャックは結論付けています。

Default image
Antenne France
Articles: 652