釜山:中国、韓国、日本は三者サミットを視野に入れた地域問題

これは2019年以来初めてです。韓国、日、中国の外交の責任者であるパク・ジン、上川陽子、ワン・イーは、今週の土曜日に韓国の釜山で三国間サミットのために会談した。目的は、3大国間のより良い協力のために三者間の議論を再開することです。

彼らは3つの隣国であり、経済的にも文化的にも密接に関連していますが、三国間協力を刺激する努力はしばしば多くの理由で失敗しています、とソウルの特派員、セリオ・フィオレッティは振り返る。

第二次世界大戦中の日本と韓国の間の歴史的紛争と中国と米国の緊張の間で、仲良くすることは本当に頭痛の種になる可能性があり、それがこの外交サミットの全体の問題です。韓国は東京と協力したいという願望を想起したが、日本の神川大臣は今週、日本の韓国占領中の性奴隷への補償を求める韓国の裁判所の決定を「非常に残念」と表現した。両国間の協力を遅らせるのに十分です。

また、この会議の中心には、政権による最近の衛星打ち上げに関する北朝鮮の質問があります。この問題について、日本と韓国は地域の安全を確保するために協力することに合意した。ソウルの主要な貿易相手国であると同時に、平壌の主要な同盟国であり経済的支援でもある北京は、状況に対する懸念を表明し、皆に冷静さを保つよう求めた。中国は地域の状況を落ち着かせるために「常に建設的な役割を果たし、果たすだろう」と中国外務省の声明を想起した。

会議の最後に、3人の大臣は、パンデミック以来中断された対話を復活させ、「できるだけ早く」三国間サミットを組織するために、できるだけ早くイベントを繰り返すよう求めた、と会議の主催者である韓国外相は発表した。

(代理店と)
https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20231126-busan-la-chine-la-corée-du-sud-et-le-japon-déminent-les-dossiers-régionaux-dans-la-perspective-d-un-sommet-tripartite

Antenne France
Antenne France
記事本文: 888
Enable Notifications OK No thanks