ヘッドライン2022-08-10 ウクライナのZaporizhia発電所への懸念

Libérationは「大量抑止の新たな脅威」について語る。ロシアにとっては、「弾薬を蓄えるだけでなく、ウクライナの支配下にあるドニエプル川西岸の領土に、報復の心配なく砲撃を加えることができる一種の盾」なのだ。ここ数日、近くで攻撃が行われている。「モスクワとキエフが互いに原発の安全性を脅かしていると非難している。Aujourd’hui en Franceは、「ウクライナの発電所の安全を保証するために、IAEAは7つの主要原則を定めている」と付け加えている。現在、ザポリージャでは、この7本の柱のうち5本が保証されなくなりました。設備の完全性、人員の安全性、安全システムの機能などが欠落しているのです。

オート・アルザス大学の地政学・地理学講師であるテバ・メイヤー氏は、『La Croix』のコラムで、「小型飛行機の衝突に耐えられるように設計されたこれらの建物は、砲撃には耐えられるが、ミサイル攻撃には耐えられない」と述懐している。もうひとつの問題は、冷却です。国際原子力機関(IAEA)の査察官の到着は、もはや待ったなしである。

ヘッドライン2022-08-10 ウクライナのZaporizhia発電所への懸念

ヨーロッパ規模で、エネルギーに影響を与える戦争

8月10日(水)より、EU企業はロシアから石炭を輸入することができなくなります。これは、この輸入の45%を占めている。Le Figaro誌は、「欧州のエネルギー不足を補うためのガス、石炭、原子力、再生可能エネルギーなどの選択肢は非常に限られており、コストも高い」と説明している。しかし、ヨーロッパの石炭需要は、少なくとも「フランスの原子力発電所の稼働率が2022年よりも高くなると仮定すれば」、2023年以降再び減少するはずだとIEAは予測している。” 同紙は社説で「エネルギーの悪夢」と語っている。[中略)もし私たちが行動を起こさなければ、私たちは消化不良を起こすほど石炭を消費することになるでしょう。

フランスで干ばつが深刻化

L’Humanitéの一面には「the catastrophe」という言葉があり、この写真は乾いた川底で、大地がひび割れている写真です。農業における水の消費量を減らすために、いくつかの手段が挙げられています。「不耕起栽培や被覆作物を行うことで「土壌の生命力が高まるため、排水がよくなり、雨が降ったときに水位が上がり、土壌でろ過されるため水質がよくなる」と農家の方は説明されています。10年間で「1ヘクタールあたり200m3の土壌の水量が増えた」という。水位に水を汲み上げる技術については、議論が行われている。

ちょうど、Libérationが関心を寄せている、フランスではあまり使われていない別の技術、海水の淡水化もそうだ。「50年ほど前に開発されたこのプラントは、一般にろ過膜によって水の分子を通し、塩の構成要素であるイオンを止める仕組みになっている。しかし、これはさらなる地球温暖化につながる可能性があります。水から分離された塩は、しばしば海に放出される。また、「飲料水1立方メートルあたり3〜8kWhの電力を必要とする。環境的にも経済的にも大きなコスト。

危機に関するいくつかのドシロウトが、医療分野を揺さぶっている

Le Monde』は老年医学の分野を調査し、「フランスではうまく年をとれない」と率直に述べています。[中略)問題は、特にオルペア疑惑で知られる民間老人ホームの場合とは異なり、株主や会社役員の欲ではなく、ポストを埋められない公共サービスの失敗なのだ」。結局、フランスは他の西洋諸国と比較して、すでに平凡な結果を得ているにもかかわらず、健康でいられる寿命が大幅に悪化する危険性があるという、似たような結果になっている』と述べている。ラ・クロワ社は、産院の状況もほぼ同様であると指摘している。したがって、人生の両端にある不安定さは同じです。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220810-à-la-une-les-inquiétudes-autour-de-la-centrale-ukrainienne-de-zaporijjia

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks