化粧品の効能を一目で見極める方法とは?【インテリ美容講座】

一部の成分を除き、化粧品の有効成分がどのくらい入っているのか明示している製品はほとんどありません。

有効成分だけが効果に影響するとは言いませんが、一般的に有効成分の濃度が高い方がより効果があると考えて良いと思います。

化粧品に「薬用」と書かれているのは、「医薬部外品」のことです。

「薬用」と書かれている場合もあるし「医薬部外品」と書かれている場合もあります。これらは同じ意味を持ちます。

 

「薬用」と書かれていても、薬のように使えるわけではありません。これは厚生労働省が認めた効果・効能に有効な成分が配合され、予防や衛生を目的に作られている製品です。

「医薬品」であれば、治療を目的として使えることを示しているのですが、「医薬部外品」は予防や衛生を目的として使えるという区別です。

メールマガジン購読

「医薬部外品」は有効成分が効果が期待できるぐらい配合されていることを示します。

「化粧品」は見た目を美しくしたり体を清潔にする目的で作られた製品であることを示します。

ですので、「医薬部外品」は医薬品以下化粧品以上の効果があるとされ、厚生労働省が認可した特定の効能を使用している製品のことを指し、具体的に有効成分の効果や効能を表示してもよいと認められています。

もしどの製品が良いのか迷ったら、このような表記を見て選びます。

厚生労働省が認可した特定の効能というのが分かりにくいですが、化粧品で言えば、美白のような肌を白くする効果に関しては基準が決められているので、「薬用」や「医薬部外品」が記載されていれば一定以上の効果があると思われます。

 

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks