プランスプレスレビュー 2022-09-08

CNRは、この誤認された民主的な物体…

ルモンド』紙は、このように「再創造国民会議」を評している。エマニュエル・マクロンは、すべての政敵のボイコットや彼自身の陣営での疑念にもかかわらず、9月8日木曜日にこの参加型民主主義のツールを始動させる。

本質的な質問ポイントSud-Ouest:「このCNRは何と呼ばれているのですか?国家再創造評議会:その輝かしい名前の由来である抵抗組織国家評議会のように、国家再創造という巨大な事業を立ち上げることでしょうか。トレンテ・グローリーズの高嶺の花であったコミッサリアット・オ・プランを再構築することでしょうか。必要な改革を準備するために、社会的パートナーやあらゆる種類の協会が集う場所なのか?

状況が変わったのは…。

もちろん、「初志貫徹は賞賛に値する」とラクロワは指摘する。我々の民主主義が深い危機を迎えていることは否定しがたい。そして、それを復活させるためにはイノベーションが必要であると、なぜか。そこで、エマニュエル・マクロンが夏前に打ち出したのが、この「国家再建評議会」の構想である。その目的は、「国の状況についてのコンセンサスを得ること」と「同胞の懸念に対する具体的な解決策を考案すること」である。再選されたばかりの大統領が、6月初めに発表していたのだ。”

しかし、「その間に状況は変わった」とラ・クロワは指摘する。議会の絶対多数の不在は、大統領の正当性を損なわないが、その重みと権威を弱めているのである。野党は、そのすべての構成員が、しばしば議論だけで参加を拒否しています。共和国の選挙で選ばれた代表を、市民社会と対等な立場に置くことができるのか?国会議員の目的は、国民の関心事を審議することでなくて何なのか。私たちが直面しているのは、再創造なのか、それともコミュニケーション・エンタープライズなのか。そして、エマニュエル・マクロンが数年前に改築した経済・社会・環境審議会を、まさに「市民協議の観点からの基準機関」とすることに頼ってはどうだろうか。

「不純物入りコム?」

残念だが、何かが間違っている」とリベラシオンは叫ぶ。「大きな疑念が生じ、形式的な欠陥が、この民主的再生の約束に対する熱意を抑制しているのだ。レジスタンスの国民評議会に言及するのは、あまりに不純物の多いコミュニケーションに見えてしまうのだ。前に進みましょう。で、何なんだ?単に誠意だけだ、とLibérationは指摘する。エマニュエル・マクロンは5年以上前から、選挙で選ばれた役人や仲介機関、つまり代表民主主義の不可欠な肺であるすべてのリレーとの関係について手探り状態である。最初は、「なくても大丈夫」という印象だった。彼にとっては、それを踏み越えることが、この国を変える一番の保証なのだ。そして、事態が進展するにつれ、特に自分にとって不利になると、彼はワインに水を入れ、対話を更新し、価値を見直そうとしたのです。しかし、政治的な都合でやっているのではないということを、人々に納得させることなく。彼の大統領選挙とそれに続く立法府の選挙は、民主主義の没収の瞬間だった、とLibérationは主張する。フランスでは、エマニュエル・マクロンを再選し、下院で相対的な過半数しか与えないことで、極右を排除する戦略を半ば公認している。CNRはそんなことを忘れさせてくれるはずなのですが・・・難しいですね”

マクロンは握力を失ったのか?

ル・フィガロ誌も懐疑的な見方を隠さない… 「 最も心配なのは、この新しい統治方法には、解決策を見出すための対話への意欲というより、目的の不在が隠されていることだ。プログラムなしで再選されたエマニュエル・マクロンは、まだ自分の政策の地平を探っているようだ。彼は道を踏み外したのだろうか?労働法、富裕税、SNCF、優先地域の1年生クラスの倍増……前の5年間の任期の最初の数ヶ月は、いくつかの重要な改革を生んだ。誰も知らない。自治体選挙での外国人投票、プライベートジェットの禁止、超利益課税…など、政府と多数派を煽る議論を見ると、飛行機にパイロットがいるのかさえ疑わしくなる。」

メールマガジン購読

チャンスを逃した?

Les Dernières Nouvelles d’Alsaceによると、残念なことに…「座って討論することにリスクは決してない」。議論することにリスクはなく、交換することで失うものはない。何かを約束するわけでもなく、理想を保証したり放棄したりする価値はない。団体、経済界、労働組合、社会組織、選挙で選ばれた代表者、そしてくじ引きで選ばれたさまざまな市民の代表がテーブルを囲むのですから、なおさらです。皆、自分のアイデアを提供するために来てくれたのです。彼らは、その時代の大きな課題の解決に貢献したい、あるいは少なくとも自分たちの見解を示したいと考えているのです。この「再創造国民会議」は、その尊大で不適切な名称を越えて、ドイツ式の大連立を空想するまではいかなくとも、最低限異なる政治関係を開始することはできたはずである。これはチャンスを逃したことになります。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220908-à-la-une-le-cnr-cet-objet-démocratique-mal-identifié

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks