ストリートは年金でマクロンを叱り、挑戦する

公式は、今朝のフランスの報道機関の「見出し」で広く共有され、もちろん、前述の改革に対するフランスの路上での動員の非常に成功した日の翌日、年金改革を参照して、「スタンドオフ」です。

Les Echos、Le Parisien、La Croix、L’Humanitéは、フランスの日刊紙が、実際には、Le Figaroなどの内部ページのタイトルにあるこの公式を前面に掲げる言葉を与えていないかどうか疑問に思うことです。

公的当局自身がadm、または組合によると200万人、北から南へ、東から西へ、法定出発年齢を62歳から64歳に引き下げることに「ノー」と言うために、100万人以上のデモ参加者が全体的に落ち着いています…これは「マクロン時代の最も重要なデモンストレーション」でした、とリベラシオンは強調しています。この日刊紙で述べたように – フランスでは珍しいことですが、小さな町の多くの行列が「いっぱいになりました」。そしてリベはまた、1995年に「すでに年金でシラクとジュッペのタンデムを押し戻すことになった200万人のデモ隊が、数週間の動員の後に到達した」と回想した。

昨日、フランスの通りで、公務員と民間の従業員が並んで行進しているのを見ました。その日は学校や交通機関でのストライキでマークされた。8つの主要な労働組合センターは、1月31日に2日目の行動を発表しました。そして、日中、エマニュエル・マクロン大統領は「公正で責任ある」改革を達成するために幹部の「決定」を肯定したため、有名な対立は幹部を繊細な立場に設置します。「政府にとっては厳しいことだ」とル・パリジャンは警告する。この日刊紙では、閣僚顧問は「それは非常に強力な参加であり、私たちはだまされてはならない」と認めています。過去20年間で最強の1つ。特に改革は「ますます不人気」であるため、ル・パリジャンは強調し、大多数は「バラストを手放すための操縦の余地はほとんどない」と強調している。開始年齢を64歳に延期することを省略することなく。「一握りのルネサンスとモデムの代議員がすでに、現状では改革に投票しないことを知らせているマクロニーの仲間でも反対を喚起している」とル・パリジャンをハンマーで槁く。

昨日のフランスの路上での動員は「プロモーターの野望に応えるために決定された」とル・フィガロは認めている。しかし、この日刊紙によると、幹部との対立が「街頭の脅迫に直面して始まったばかり(…)、幹部は屈する理由がない」場合。したがって、ル・フィガロは「議会での改革の採択はほぼ確実である」と予測している。

PS、2人用の椅子

社会党のサスペンス。この党の第一書記の選挙は昨日行われた。それは、退任するOlivier Faure議員をルーアン市長のNicolas Mayer-Rossignolに反対した。誰が勝ったの?この時点で、両方とも夜に、この選挙に勝ったと発表したからです。その過程で、数分離れて、それぞれのキャンプは「不規則性」を非難し、すでに控訴やキャンセルの要請を提出すると警告している、と日刊紙ル・モンドとル・フィガロは報じている。これら2つの新聞のサイトによると、結果収集のための手数料は今日会う予定です。

新聞Les Echosによると、「ウブエスク」の状況。しかし、この経済新聞は、勝者の身元が「LFI、EELV、PCFとの立法選挙のために2022年5月に締結されたNupes協定(左翼同盟)に影響を及ぼす可能性がある」と説明している。オリヴィエ・フォールは、2027年に右と極右をブロックする唯一の方法である「排他的」左翼同盟戦略を擁護している、とレ・エコーは回想する。この合意についてより控えめなニコラス・メイヤー・ロシニョールは、ジャン=リュック・メランションの党に対する彼の抵抗を隠さない。

最新のニュースによると、このプレスレビューの放送から約30分後、社会党の第一書記としてのオリヴィエ・フォールの勝利が発表された。結果は、彼の対戦相手Nicolas Mayer-Rossignolによってまだ争われています。

 

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-fran%C3%A7aise/20230120-%C3%A0-la-une-la-rue-gronde-et-d%C3%A9fie-macron-sur-les-retraites

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 950
Enable Notifications OK No thanks