ドラゴンボールの生みの親、漫画家・鳥山明氏が死去

世界的に有名なシリーズ「ドラゴンボール」と「ドクター・スランプ」の生みの親であるマンガカ・アキラ・トリヤマは、硬膜下血腫で68歳で亡くなったと、彼の出版社とスタジオは3月8日金曜日に発表した。

「漫画のクリエイター、鳥山明が3月1日に急性硬膜下血腫で亡くなったことを心から残念に思います。彼は68歳だった」と、マンガカによって設立されたエンティティであるバードスタジオは、X(元Twitter)に掲載された声明で言った。

「集英社と編集部では、彼の死の突然のニュースに深く悲しんでいます」と出版社からの声明は述べています。「私たちは彼の偉大な業績に敬意を表し、彼に感謝の意を表し、彼に心から哀悼の意を表したいと思います。»

2億6000万部が販売されました

1955年に名古屋(中央日本)で生まれた鳥山明は、主に1984年に作成されたドラゴンボール漫画で知られ、子供の頃から武道の天才孫悟空の人生と冒険を語る16世紀の中国の小説に自由に触発されました。

専門サイトマンガゼンカンによると、この漫画は世界中で少なくとも2億6000万部を販売し、テレビ、映画、ビデオゲームへの多くの適応を生み出し、ドラゴンボールZや最近ではドラゴンボールスーパーなどの多くの続編を知っています。

ワンピース漫画の作者である小田栄一郎は、「大きな空虚」を残す鳥山明の「早すぎる」死を声明で後悔した。「二度と彼に会えないと思う…私は悲しみに圧倒されている」と彼は付け加えた。

https://www.rfi.fr/fr/culture/20240308-le-mangaka-japonais-akira-toriyama-père-de-dragon-ball-est-mort

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks