2024年パリ大会中にルーヴル美術館の前で燃えるオリンピックの炎

フランスの通信社AFPの報道によると、7月と8月のパリ大会の期間中、オリンピックの炎はルーヴル美術館の前のチュイルリー庭園で燃える予定です。

市の中心部にある観光ホットスポットにオリンピックの大釜を置くという決定は「数週間前に行われた」と、情報筋は匿名を条件にAFPに語った。

「チュイルリーは、一般の人々がアクセスしやすいため、最初の選択肢として浮上した」と報告書は述べている。

オリンピックの大釜

炎がエッフェル塔に置かれるかもしれないという憶測がありましたが、主催者は世界最大の博物館であるルーヴル美術館の中庭に置くことも検討していました。

チュイルリーは「簡単に確保できるエリアです。炎を保護するために24時間体制で治安部隊が勤務し、庭の周りの高い歩道のおかげで一般市民がそれを見ることができるだろう」とAFP筋は述べた。

大釜の照明は、オリンピックの開会式における重要な瞬間であり、世界的なスポーツの祭典の正式な開始を告げる。

大釜がチュイルリーの中で点灯されるのか、それとも近くのセーヌ川沿いのボートで行われる予定の7月26日の前例のない開会式の後にそこに移されるのかは不明でした。

照明の名誉を与えられた人の身元は不明のままですが、初めて陸上競技場の外で行われる開会式の詳細は厳重に守られた秘密です。

主催者は、パリで100年ぶりのオリンピックを「象徴的な」にすることを誓った。

象徴的な場所

大釜について尋ねられたパリ組織委員会は、AFPへの声明で、「流通している報告書を確認または否定しない」と述べた。その場所についてはすでに多くの噂がありました。

背景に凱旋門が見えるチュイルリー庭園の炎の予想される位置 © Julie SEBADELHA / AFP
背景に凱旋門が見えるチュイルリー庭園の炎の予想される位置 © Julie SEBADELHA / AFP

主催者は、大釜が「その象徴性のためにパリの中心部に配置され、誰にでも見えるように」ことを望んでいる、と声明は付け加えた。

パリ大会は、エッフェル塔のそばの一時的なスタジアムやチュイルリー庭園に寄合するコンコルド広場など、首都周辺の場所で開催される予定です。

この公園は、いわゆる「太陽王」ルイ14世の要請で1664年に設計され、消滅したフランス王室と1789年の反君主主義革命と密接に関連しています。

パリ2024のトーチリレーは、ギリシャのオリンピアから炎が撮影され、ベラムと呼ばれる3本マストの19世紀のフランスの背の高い船でマルセイユに海路で運ばれる4月16日に始まります。

その後、カリブ海、インド洋、太平洋の本土と海外のフランス領土を12,000キロメートルの旅で、400のフランスの町と数十の観光スポットを旅するように設定されています。

2021年に東京で開催された最後の新型コロナウイルスのオリンピックで、開会式中に不気味なほど空のメイン陸上競技場の中で、テニススターの大阪なおみによって水素駆動の大釜が点灯しました。

2つ目は東京湾近くのウォーターフロントに置かれた。

https://www.rfi.fr/en/france/20240327-olympic-flame-to-burn-in-front-of-louvre-museum-during-paris-2024-games

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks