レンヌ

レンヌは、フランス北西部のブルターニュ地方に位置する魅力的な都市で、ブルターニュ公国の首都として栄えました。現在は、「芸術と歴史の町」として知られ、多くの文化遺産と美味しい郷土料理を楽しむことができます。

観光スポットとしては、以下のような場所が人気です:

  • サン・ピエール大聖堂:アーチ型の天井や絵画、パイプオルガンなどが見所の教会です。
  • タボール公園:バラをはじめとした季節に合わせて美しい花々が咲く公園で、まるで宮殿の庭園のように手入れされています。
  • Parc des Gayeulles:広大な公園で、自然を満喫できます。
  • Les Champs Libres:文化施設で、図書館や博物館があります。

また、レンヌでは様々なツアーやアクティビティが楽しめます。例えば、ドライバーガイドとレンヌからモンサンミッシェルとサンマロへの日帰り旅行や、エスケープゲームアウトドアなどがあります。

レンヌは、その美しい街並みと豊かな文化、美味しい料理で、訪れる人々を魅了しています。ぜひ一度、訪れてみてください。

戦略的、美食、文化的な場所にある都市
パリから電車でアクセスできるなんて
24年に若者がレンヌにやってきて、パリでフランスのオリンピックを楽しもうと思って、
ホテルがあって、1時間でモンサンミッシェルと近い
快適さもあるし安くて
毎日約15本の電車があり、1時間25分でパリに行くことができます。

それで戦略的な場所を見つけて
ブルトンの首都の文化と美食の生活をお楽しみください。

フランスの北東部に位置するブルターニュ地方の首都です。
パリから電車で1時間半のところにあり、
モンサンミッシェルから車で1時間。

つまり人口が約12万5千人の小さな首都なんですね
自分の生き方で知られる
美食で有名な芸術と歴史の街です。

伝統的な家屋があって、
小さな村のような雰囲気が漂うこの町を形作る木橋祭りはとても特別です。
そのため、写真を撮るのに魅力的で本格的な小さな通りがあります。
本当に美しいです。

また、たくさんのレストランを見つけることができますが、
レンヌの主な名物ですがブルターニュでは一般的に
これらは明らかにパンケーキとガレットです。

レンヌでは、通りのいたるところに見かける有名なソーセージケーキがたくさんあります。
ブルターニュのせいで魚料理のレストランがたくさん
日本によく似ていて、海と海に囲まれた地域です。

そのため、数多くの市場があり、その中で最も有名なのはサンマロです。
そのため、毎日たくさんの新鮮な魚が入荷しています。

もちろん、カキがメインです。
カキ、クモガニ、あらゆる種類の魚、
どこのレストランにもたくさんのレストランがあって、魚もね

地元の小さな居酒屋、
同時に変化に富んだ料理です。

毎週土曜日の朝、フランス最大かつ最大の食品市場の1つに集まります。
マルシェ・デ・リスって何?本当にレンヌの人々のためのもので、毎週土曜日の朝には巡礼のようなものです。

大きな市場の市場に行って、地元の製品、ペストリー、チーズを全部買いに行って
もちろん魚や貝殻もね

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks