サンジルダール修道院

Saint-Gildard Abbey, or Sanctuaire Sainte Bernadette Soubirous, is located in Nevers, France. The abbey is known as the place where Bernadette Soubirous received her formation into the monastic life.

The monastery’s origins date back to the Middle Ages. Several monks settled there and built a small monastery, probably at the end of the 7th or beginning of the 8th century. The church attached to the abbey was dedicated to Saint-Loup, a deacon who converted the lords of the town of Charité.

Saint-Gildard, a clergyman and especially by his demeanor, indoctrinated the parishioners of Roussy-le-Bourg. After his death, his body was brought to the cathedral of the abbey, and many miracles attracted many people there.

In 1856, the life of the community of the Sisters of the Neversian Patriarchate began, inheriting the ruins of the contemplative convent of Saint-Gildard, and this simple, light-filled cathedral was also consecrated. And so, in July 1866, the day after her arrival at the convent of Saint Gildard, Bernadetta, dressed in her Pyrenean garb, was here to tell the story of the last apparition of Our Lady in her life before the 300 assembled sisters.

The convent is a short walk from the cathedral where Bernadette’s coffin is enshrined, and there is a replica of the Grotto of Massabielle, the site of the apparitions of the Virgin in Lourdes². In the archives, visitors can see exhibits that trace the various places where Bernadette lived.

The Monastery of Saint-Gildard offers inspiration and healing to all who visit due to its history, traditions, and the deep spiritual energy of the place. The energy of the place will help you deepen your own spiritual journey and bring peace and harmony to your heart and soul. We invite you to visit the Monastery of Saint-Gildard. The beauty and sanctity of the place and its deep history and traditions will move and heal you. We hope your spiritual journey begins anew at Saint-Gildard Abbey.

サンジルダール修道院、またはSanctuaire Sainte Bernadette Soubirousは、フランスのヌヴェールに位置しています。この修道院は、ベルナデット・スビルーが修道生活に入る養成を受けた場所として知られています。

この修道院の起源は中世にまで遡ります。複数の修道士たちがそこに住居を定め、おそらく7世紀の終わりか8世紀の初め頃に小修道院が建てられました。大修道院付属の教会がサン・ルー(シャリテの町の領主を改心させた一人の助祭)に奉献されました。

サン・ジルダールは、聖職者で特にその態度で、ルッシー・ル・ブルグの小教区民を教化しました。その死後、遺体は小修道院の聖堂に運ばれ、たくさんの奇跡で多くの人々をそこに引きつけました。

1856年に、サン・ジルダールの観想修道院の廃墟を受け継いでヌヴェール愛徳会の姉妹たちの共同体の生活が始まり、シンプルで光にあふれるこの聖堂も聖別されました。そして、1866年7月、サン・ジルダールの修道院に到着した翌日、ピレネー地方の衣服に身を包んだベルナデッタはここで、集まってきた300人のシスターの前で、その生涯の中で最後の聖母ご出現の話をしました。

修道院は、ベルナデッタの棺が安置されている聖堂から少し歩くと、ルルドの聖母ご出現の場であるマッサビエルの洞窟のレプリカがあります²。また、資料館では、ベルナデッタが生きたさまざまな場所を辿る展示が見られます。

サンジルダール修道院は、その歴史と伝統、そしてその場所が持つ深いスピリチュアルなエネルギーにより、訪れるすべての人々に感動と癒しを提供します。その場所のエネルギーは、あなたが自分自身のスピリチャルな旅を深めるのを助け、あなたの心と魂に平和と調和をもたらすでしょう。ぜひ、サンジルダール修道院を訪れてみてください。その場所の美しさと神聖さ、そしてその場所が持つ深い歴史と伝統が、あなたに感動と癒しをもたらすことでしょう。あなたのスピリチャルな旅が、サンジルダール修道院で新たなスタートを切ることを願っています。

ブルゴーニュ・フランシュ・コンテ地域圏の魅力

Download on the App Store

Wikipediaフランス語版の記事
https://en.wikipedia.org/wiki/Espace_Bernadette_Soubirous_Nevers

Bernadette-Soubirous-Neversスペース(旧Saint-Gildard Abbey)は、NièvreのSaint Bernadette周辺の巡礼地です。それは精神的な中心であり、隠れ家の場所であるだけでなく、交流や会議でもあります。

歴史

ヌヴェルの慈善姉妹の会衆は19世紀に再構成され、初心者の流入はより大きな施設を使用する必要性を引き起こしました。司教Mgr Dufêtreは、教会の遺跡だけが残っている都市近くの丘にある旧修道院の敷地に新しい建物の建設を提案していますa報道機関に占領されている。

修道院の存在は、7世紀末または18世紀初頭に証明されています。当初はサン・ルー、おそらくラ・シャリテ・シュル・ロワールの領主を改宗させた助祭、おそらくルー・ド・トロワに捧げられました。聖ギルダールの名前は、聖ウルフの名前と関連しています。聖ギルダールは、その行動が特にルシー・ル・ブールの教区民を建てた司祭でした。彼の死後、彼の体は修道院の教会に移され、奇跡はそこで増殖し、大勢の群衆を引き付けていただろう。聖ギルダールの唯一の名前は、ブドウ園の高原の城壁から1キロに位置する修道院を指定するために残りました。

したがって、19世紀半ばにこの場所に建てられ、ヌヴェールの慈善姉妹と関連する修練院の母家になりました。新しい建物は1856年7月に祝福され、コミュニティはそこに定住しました。

1844年にルルドで生まれたベルナデット・スビラスは、聖母が彼女の故郷の村にあるマサビエルの洞窟に現れたとき、14歳でした。8年後の1866年7月7日、宗教生活への欲求を実現するために、ベルナデットはルルドのホスピスで知っていたヌヴェールの慈善姉妹と一緒にサン・ギルダールに到着しました。13年間、ベルナデットはヌヴェスに滞在し、他の人に完全に身を捧げました。彼女は1879年4月16日にそこで亡くなり、彼女の遺体はセントジョセフ礼拝堂の礼拝堂に埋葬されました2。

洞窟も、ベルナデットの死から5年後の1884年に、当時上級将軍であり、ベルナデットの初心者の愛人であったマザー・マリー・テレーズ・ヴォーズーの要請で建てられました。それはルルドの「幻影の洞窟」のモデルの上に建てられています。ルルドのマサビエル洞窟から抽出された石が岩に掛けられている。

彼女の列福の年である1925年、祝福されたベルナデットの無傷で発見された遺体は発掘され、ガラスと青銅の小屋の中に置かれ、聖心に捧げられた修道院の別の礼拝堂に設置されました。1933年12月8日、カトリック教会は彼女を「聖なる」と宣言した。

巡礼者がベルナデットの人生を発見できるように、幻影の100周年の1958年にサン・ギルダールにも博物館がオープンしました。

修練は1970年代まで残った。その後、バーナデットと一緒に集まる巡礼者を歓迎する場所になるように家を改造することが決定されました。

場所

ベルナデットのスペースは、いくつかの場所で構成されています。

  • ベルナデットが最初に埋葬された修道院の庭園にある聖ヨセフの礼拝堂
  • ベルナデットの体が現在休んでいる聖心に捧げられたサン・ギルダール礼拝堂は、シャスに置かれています
  • 修道院の本館
  • 洞窟
  • 博物館
  • 庭園

セント・ジョセフ礼拝堂

ベルナデットが1879年に亡くなったとき、彼女の遺体は庭園の中心部にあるセントジョセフ礼拝堂に埋葬されました。

聖心に捧げられたサン・ギルダール礼拝堂

彼女の列福の年である1925年、ベルナデットの体は、聖心に捧げられた礼拝堂のガラスと青銅のシャッドの中に置かれました。

本館とそのペディメント

ベルナデットスペースの建物の中で、本館には古い入り口に面したペディメントがあり、そこにはDeus Charitas Est(「神は慈善である」)と刻まれています。

洞窟

洞窟は、ベルナデットの死から5年後の1884年に、当時上級将軍であり、ベルナデットの初心者の愛人であったマザー・マリー・テレーズ・ヴォーズの要請で建てられました。それはルルドのマサビエル洞窟のモデルに基づいて構築され、そこから後者の石がネヴェールに持ち帰られ、この再構成された洞窟の岩に掛けられました。

博物館

巡礼者がバーナデットの人生を発見できるように、幻影の100周年である1958年に博物館がオープンしました。

聖ベルナデット像

聖ベルナデットを表す像、ルイ・リヒommeの作品(宗教におけるマリー・ベルナール兄弟)4、ベルナデット空間の中心部、博物館、洞窟、サン・ギルダール礼拝堂の中心部に建てられています。

庭園

ベルナデットはサン・ギルダールの広い庭園を歩くのが好きだった。

ノートルダム・デ・オーの像

庭園に散らばっている小道は、ベルナデットが祈った前の像であるノートルダム・デ・オーに通じている。彼女は「彼女は私が見た聖母を最も思い出させる人です」と言った。

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks