時代遅れで性差別的とされたミス・フランス・コンテストが少しずつ変化しています。

12月11日(土)に開催されるミス・フランス・コンテストは、クリスマスと同じくらい伝統的なものになっています。しかし、年月が経てば経つほど、この番組は、古臭い、時代に逆行する、女性蔑視だ、などと物議を醸すようになる。

政府内だけでも、このテーマは賛否両論です。文化大臣のRoselyne Bachelot氏は、「素晴らしいコンテストだ。楽しいコンテストですね。華やかなコンテストですね。」と発言しています。彼女の同僚である男女共同参画担当のエリザベート・モレノは、これに同意せず、時代遅れのルールを嘆いています。彼女は、身長が1.70メートル以上で、独身で子供がいないという時代遅れのルールを嘆いています。大臣は、なぜ未亡人やすでに母親になっている女性を除外しなければならないのかと考えている。

ペイド・ミス

大臣は先日、ミス・フランス協会を主宰するアレクシア・ラロッシュ・ジュベール氏を迎え、この件について話し合いました。その後、いくつかのルールが変わりました。タイトルを狙う者は、決勝戦に参加することで報酬を得ることができる。また、ミス・フランス協会の会長は、独身かどうかの基準が「時代遅れ」であることを認めました。

そのため、エリザベート・モレノは「競争は進化する」と確信しています。また、いくつかの国ではすでに実施されているように、トランスジェンダーの候補者にも門戸を開いてはどうか、と大臣は問いかけます。「これは、アレクシア・ラロッシュ=ジュベール氏と話し合った内容の一部です。そして、現在検討しているのは、それが可能であるということです。

現在の形のコンペは、労働審判所への申し立ての対象となっています。Osez le féminismeという団体は、差別的な基準を非難しています。

https://www.rfi.fr/fr/afrique/20211211-le-concours-miss-france-jugé-rétrograde-et-sexiste-évolue-lentement

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks