マクロンの党は、フランスの極右を視野に入れたEUキャンペーンを開始する

フランスのエマニュエル・マクロン大統領のルネサンス党は、週末に欧州議会選挙のキャンペーンを開始した際に、国の極右勢力をクレムリンの仲間としてキャストしようとしました。

後の段階でキャンペーンに参加する予定のマクロンは、極右の急速な上昇を抑制しようとするため、閣僚に全国集会(RN)の「あらゆる段階で」戦うよう求めた。

28歳のジョーダン・バルデラが率いるナショナルラリーは、6月の選挙に先立ち、マクロンの中道同盟を大きくリードしている。

「彼ら[極右]は常にヨーロッパに「ノー」と言ってきた」とガブリエル・アタル首相は土曜日にリールで語った。

「今の唯一の違いは、彼らがそれを少し隠していて、「いいえ」が「nyet」に変わったことです」と彼は付け加え、RNがロシアの指導者ウラジミール・プーチンといちゃついていると非難した。

フランスの二極化した政治情勢の中で、ウクライナに対するロシアの戦争は主要なホットな話題として浮上している。

マクロンの元首相でホライズンズ党の党首であるエドゥアール・フィリップも、ロシアに関しては融和のリスクについて警告した。

彼は、それが「最後に」食べることを願って「ワニに餌を与えている」と言った人々を非難したとして、英国の政治家ウィンストン・チャーチルを引用した。

フランスの有権者にとってウクライナの「ホットな話題」

マクロンはウクライナへのより大きな支援の重要性を打ち負かそうとしており、最近、旧ソ連への西側の地上部隊の派遣を排除することを拒否して騒動を引き起こした。

しかし、野党のメンバーは、マクロンが欧州選挙に先立って彼の連合の地位を高めるために紛争を利用したと非難した。

マクロンに対する明らかな反応で、プーチンは核戦争の「本当の」リスクを警告した。

欧州選挙は、2027年のフランスの次の大統領選挙に先立つ重要なマイルストーンと見なされている。

ベテラン候補のマリーヌ・ルペンは、トップジョブの4回目の入札を行うと予想されており、マクロンは任期制限のために再び立つことができません。

「行動するか苦しむか」

マクロンは、欧州議会のルネッサンスグループの37歳の責任者であるヴァレリー・ヘイヤーを、ヨーロッパの世論調査で彼のキャンプをリードするために選びました。

リールで話すと、彼女はまたRNを攻撃し、彼女のキャンプの責任は「この最悪のシナリオ」を阻止することだと述べた。

「このキャンペーンでは、ヨーロッパを守るのは私たちだけになるだろう」と彼女は言った。

「3ヶ月後、私たちは選択に直面するだろう:行動するか苦しむか、ヨーロッパを強化するか、ヨーロッパを壊したい人に直面してあきらめるか」とヘイヤーは付け加えた。

https://www.rfi.fr/en/france/20240311-macron-s-party-launches-eu-campaign-with-french-far-right-in-their-sights

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks