高熱とインフレ:日本でエアコンが贅沢になるとき

日本では、以前の夏よりもさらに窒息しています。温度は日陰で35度から40度、または実際には「文フェルト熱」の観点から約10度以上変化します。病院はもう満員ではありません。湿度レベルが非常に高いため、汗がたくさん出るので、脱水症状が加速します。結果:病院はもはや満員ではありません。インフレと電気料金の高騰に伴い、エアコンの使用は最も貧しい日本人にとって贅沢品になりつつあります。

東京の特派員から、

日本では、熱波が始まって以来、サムと病院が歯を食いしばっています。首都だけでも、毎週数千人が高体温症の状態で緊急治療室に運ばれます:「熱中症」の犠牲者。そして、ほぼ2つのケースに1つで、彼らは非常に弱っていて、無生物でさえ、路上ではなく、自宅で発見されました:自宅では、インフレのためにエアコンを十分に使用していないか、または使用していないからです。

6月初旬、昨年と同様に、電気料金は全国で平均20%上昇し、一部の地域では40%上昇しました。群島では給与と退職年金がかなり低いため、多くの日本人は家計のやりくりに苦労しています。

これらの東京人のように、エアコンの削減に減らされています。「このようなインフレで、私の小さな予算はもはや追いつくことができません。だから、エアコンはできるだけ頻繁です。私は朝から晩まで水分補給で補う」と日本人女性は説明する。「私は夜にエアコンをオフにします。費用がかかりすぎます。しかし、屋根裏部屋のスタジオに住んでいるので、とても暑いので、とてもよく眠れません。それは私を疲れさせるだろう、「別の日本人を恐れる。「増加したのはガスと電気だけではありません。食品は+10%、生鮮食品は+20%です。そのような状況では乗り越えにくい…」と、他にもたくさんあります。

エアコンが絶えず回れば、私は1日に2回しか食べられない。

800万人の高齢者を含む2000万人の日本人が一人暮らしをしています。高齢者の5人に1人近くです。これは、暑さのために自宅で体調が悪い場合、緊急サービスがすぐに警告されるかどうかは定かではないため、保健当局にとって特に懸念事項です。

この未亡人とこの独身が測定するリスク。しかし、彼らはエアコンなしで行うか、控えめにそれを使用します。「私は10万円(約650ユーロ、編集者注)しか受け取っていません。したがって、家では、それは扇風機であり、他には何もありません。私はすでに未払いの請求書と利息の遅れでそのようにかなりストレスを感じています…」と日本人は言います。「エアコンがずっとオンになっていたら、私は1日2回しか食べられませんでした。3回の食事は、月末に電気代を支払うことができないという保証になります…」と、この東京は言います。

この夏、多くの自治体は、ガス代や電気代を支払うことができない世帯に例外的な手当を割り当てることを決定しました。この「エネルギーチェック」は、一般的に1世帯あたり30,000円、つまり約200ユーロです。しかし、日本の政権のことわざの重さと遅さを考えると、この援助はおそらく9月まで支払われないだろう。

それまでは、多くの日本人は健康を危険にさらす危険を冒して、エアコンを十分に使用しないだろう…

ブルーノ・デュヴァル

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/reportage-international/20230718-forte-chaleur-et-inflation-quand-la-climatisation-devient-un-luxe-au-japon

 

Antenne France
Antenne France
記事本文: 893
Enable Notifications OK No thanks