フィンランド議会、NATO加盟に95%賛成

フィンランド議会は5月17日、95%以上の圧倒的多数でNATO加盟に賛成し、北欧諸国の正式な申請書を同盟本部に送付することを許可した。

フィンランド議会での投票結果によると、2日間の国会の後、NATO加盟プロジェクトは、賛成188票、反対8票、棄権ゼロで採択された。モスクワのウクライナ侵攻の直接的な結果として、フィンランドとスウェーデンの申請が、それぞれ日曜日と月曜日に正式決定された。

フィンランド議会では圧倒的多数が予想されていたが、最終的にはやはり最新の予想を上回る結果となった。NATO加盟に理論的に反対している極左も、この問題では意見が分かれた。ウクライナの侵略について言及されただけでなく、第二次世界大戦中にフィンランドがソ連と戦った冬戦争についても言及され、その後、北欧諸国は領土の10%を失いました。

ノミネートは水曜日に送付

“異例の結果 “であり、これほどまでに明確な結果が出るとは思ってもいなかった。投票は明確であり、これ以上議論する必要はない。フィンランドのペッカ・ハーヴィスト外相は投票後、テレビで「今晩(火曜日)、我々はNATOへの申請書に署名する」と述べた。議会の承認が得られれば、ヘルシンキはスウェーデンと共にブリュッセルのNATO本部に申請書を送ることができる。

スウェーデンのマグダレナ・アンデルソン首相は、彼らの申請書は水曜日に送付されると発表した。フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領との共同記者会見で、「同じ道を歩み、一緒にできることをうれしく思う」と述べた。

加盟を支持する世論が華々しく躍進した後、スウェーデンとフィンランドは、隣国を軍事的に侵略する可能性のあるロシアを前に、NATOの傘から自分たちを守る必要があると考えたのである。こうして両国は、数十年にわたる中立と、その後の軍事的非同盟に区切りをつけることになる。

トルコはまだブロッキングしている

加盟には、現在のNATO加盟国30カ国の全会一致が必要だが、先週末からトルコのエルドアン大統領の反対で、思わぬ障害に直面している。トルコは、EUのテロ組織リストに掲載されているにもかかわらず、クルド労働者党(PKK)に対して甘すぎると、これらの国々、特にストックホルムを非難しています。

フィンランド大統領は、1カ月ほど前にトルコ側と話し合い、この問題は解決したと考えていた。フィンランドがNATOに加盟することに賛成であることを伝えていた。しかし、その1ヵ月後、Sauli Niinistöは、トルコ大統領が両国のNATO加盟を阻止すると脅したことに驚きを示したが、トルコが最終的に支持することは楽観的であると述べた。

スウェーデン首相とフィンランド大統領は、それぞれの申請書を送った後、木曜日にワシントンでジョー・バイデン氏と会談する予定です。アメリカ大統領は、この2国のNATO加盟プロセスを加速させるために、アンカラとの交渉役を務めることも十分可能である。

(AFPにて)

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220517-le-parlement-finlandais-vote-à-95-pour-l-adhésion-à-l-otan

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466