フランスの科学者が、ジェームス・ウェッブ望遠鏡が、スペインのソーセージの驚くべき写真を送ってきたと発表しました。

黒い背景の中で威嚇的に輝く赤い火の玉。フランスの著名な科学者エティエンヌ・クラインは、これがジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した、太陽に最も近い恒星プロキシマ・ケンタウリの最新の驚くべき写真であると断言した。実は、この物体はクラインさんの家の冷蔵庫から出てきたものなのです

熱狂的なツイッターユーザーは、宇宙の誕生までさかのぼり、遠い銀河の画像で世界中を興奮させてきた望遠鏡が撮影したとされる写真の詳細に驚嘆した。

実は、クラインが後で明らかにしたように、この写真は太陽から4光年ほどの距離にある魅力的な星ではなく、スペインのソーセージ「チョリソ」のはるかに控えめな一切れを写したものだったのだ。

クラインは、多くのユーザーが彼のジョークを理解していなかったことを認めた。彼は、単に「権威ある立場の人々の議論や、ある画像の自然な雄弁さに注意する」ことを奨励することが目的であると述べた。

エティエンヌ・クライン氏の著書の表紙
エティエンヌ・クライン氏の著書の表紙。タイトルは「真実の味」を意味する。チョリソーのことだろうか?ガリマール

しかし、フェイクニュースとの戦いが科学界にとって最も重要な時期に、多くのツイッターユーザーは、フランスの原子力委員会(CEA)の研究部長でラジオ番組のプロデューサーでもあるクラインを面白くなかったと述べている。

水曜日、彼は誤解を受けた人々に謝罪した。

この投稿は「科学者のジョーク」であると説明し、「何の独創性もない私の悪ふざけにショックを受けた方々にお詫びを申し上げるために参りました」と述べた。

メールマガジン購読

その後、ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した有名なカートウィール銀河の画像を投稿し、より確かなものに戻しました。今度は、この写真が本物であることをユーザーに保証した。

 

https://www.rfi.fr/en/science-and-technology/20220804-french-scientist-uses-james-webb-telescope-sends-back-stunning-picture-of-a-spanish-sausage

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks