フランスのテレビチャンネルは、ニュースではなく、意見の行商の申し立てに対する精査に直面している

フランスの最高行政裁判所は、国のメディア規制当局に、フランスのフォックスニュースと呼ばれるCNewsで編集のバランスと独立性を検討するよう命じた。

苦情を提出した非営利団体の国境なき記者団の勝利として歓迎された批評家は、それが言論の自由に対する攻撃であると主張している。

火曜日に発表された声明で、国務院は、CNewsが「バランスのとれた独立した」ジャーナリズムを確保する義務を遵守しているかどうかを調査するために、メディア規制当局のArcomに6ヶ月を与えました。

火曜日の判決は、規制目的で現在編集コンテンツと見なされているものを拡大し、現在は評論家や政治家からの貢献が含まれます。

これは、CNewsが「オピニオンメディア」になったと非難した報道の自由NGO国境なき記者団(RSF)の勝利です。

2022年4月、RSFは、Arcomが「情報の誠実さ、独立性、多元主義」を確保する義務をCNewsに思い出させることを繰り返し拒否したと主張して、評議会に訴えた。

昨年、Arcomの社長であるRoch-Olivier Maistreは、CNewsは全体的に「政治的多元主義を厳しく尊重している」が、米国の保守的なFox Newsのラインで「オピニオンチャンネルになっている」と述べた。

全面的な多元主義

CNewsは、億万長者の実業家Vincent Bolloréが所有するCanal+グループに属しています。

最近、移民、安全保障、宗教、犯罪などのテーマに関する白熱した議論と政治的解説が混在し、フランスで最も人気のあるニュースチャンネルになりました。

1986年の法律で定められたフランスのメディア規制の下では、公的か私的かにかかわらず、すべてのチャンネルは、選挙期間中に異なる政党の人々に平等な放送時間を与えなければならない。

しかし、裁判所はさらに進んで、規制当局が「政治家に割り当てられた時間だけでなく、コメンテーター、プレゼンター、ゲストを含む放送に参加するすべての人」を考慮しなければならないと裁定した。

また、規制当局は「チャンネルの運営条件とプログラミング特性の観点から」ニュースの独立性を評価すべきだと述べた。

すべてのフランスのメディアは、これらのより広範な規則を遵守しなければならない。

言論の自由

RSFの事務総長であるクリストフ・ドロワールは、「民主主義とジャーナリズムのための歴史的な決定」を称賛した。

彼はXに書いた:「情報の多元主義と独立のために戦う私たちの目的は、単に民主主義を守ることです。それはそのような編集ラインではなく、市民がさまざまな意見や事実にアクセスする能力についてです。それは緊急の問題です。

しかし、CNewsの多くのコメンテーターは、それどころか、裁判所の決定は言論の自由を脅かすと述べています。

水曜日の朝、CNewsで、ジャーナリストのフランツ・オリヴィエ・ギースベルトは、裁判所の決定を「非常に深刻で信じられない」と表現し、フランスは「少しずつ、裁判官の政府に向かっている」と述べた。

CNewsの定期的な寄稿者であるEugenié Bastiéは、より厳しい統制がどのように適用されるかを疑問視した。

「コメンテーターは誰に投票するかを宣言する必要がありますか?」彼女はXに書いた。

一方、保守的な共和党の党首であるエリック・チョッティは、コメンテーターやジャーナリストの意見に対する「異端審問」について語った。

極右のマウスピース

言論の自由は「絶対に脅かされていない」と、社会主義者のオリヴィエ・フォールは水曜日に答えた。

「意見の多元主義を尊重することは、何かを禁止することを意味するものではない…自由を侵害する多元主義の欠如だ」と党首は述べ、CNewsを「マリーヌ・ル・ペンを支持する」「極右」メディアと表現した。

「CNewsが少なくともできることは、それを明らかにすることです…視聴者がそれが主流メディアではないことを理解できるようにすることです。」

2021年、Arcomは、ヘイトスピーチとみなした極右の評論家エリック・ゼムールのコメントを放送したとして、CNewsに20万ユーロの罰金を科した。

2022年の大統領選挙で候補者として立候補するために極右の反移民再征服党を設立したゼムールは、人種的および宗教的なヘイトスピーチで有罪判決を受けた。彼はチャンネルへの定期的な貢献者であり続けています。

再征服のメンバーである主権主義の政治家フィリップ・ド・ヴィリエも、チャンネルで番組を主催しています。Les Joursのウェブサイトによると、CNewsはArcomへの宣言でde Villiersの放送時間について言及しなかった。

CNewsのスタープレゼンターであるパスカル・プラウは、チャンネルへの批判を却下した。

「CNewsの成功は、その声が何年もフランスのメディアを支配してきた正しい心を苛立たせ、動揺させる」が、「CNewsは脅迫に屈しない」と彼は主張した。

https://www.rfi.fr/en/france/20240215-french-tv-channel-faces-scrutiny-over-allegations-of-peddling-opinion-not-news-cnews

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks