フランスのCGT組合は、パリオリンピック中にストライキを行うと述べています

フランスの公共部門の労働者は、今年の夏のパリオリンピック中にストライキを行うと、強力なCGT組合は警告し、来月正式なストライキ通知を提出すると付け加えた。

CGT組合は木曜日、7月26日から8月11日までのパリオリンピックをカバーする期間、4月上旬にフランスの公共サービスにストライキ通知を提出する予定であると述べた。

「私たちの警告はついに聞かなければならない」とCGTチーフのソフィー・ビネは放送局のFranceInfoに語り、残業、宿泊、保育施設などの重要な質問は対処されていないと述べた。

ストライキ通知は、中央および地方自治体で働く人々、医療およびソーシャルワーカーを対象とします。

社会的条件

残業や休暇の制限など、「何十万人もの労働者が大会で打撃を受けるだろう」とビネットは述べた。

「私たちは、この仕事の条件がどうなるか、オリンピックのためにパリ地域に来なければならないすべての労働者がどのように収容されるのかを尋ねています。」彼女は付け加えた。

「学校の休日が同時にあるとき、彼らの子供たちはどのように世話をされますか?彼らはどんなボーナスをもらえますか?これまでのところ、こちら側では何も解決されていません。

CGT労働組合員はまた、イル=ド=フランス地域の病院の状況について警鐘を鳴らした。

「パリには何百万人もの訪問者が流入し、パリ地域の病院のための追加のリソースはないと言われている」とビネは言った。

「私たちはとても、とても心配しています」と彼女は付け加えた。

「社会的休戦」

ビネは、この問題について話し合うためにガブリエル・アタル首相と会談することを要求した。

少数の公共部門の労働者だけが、ゲーム中にどのような支援を受けるかを言われており、ジェラルド・ダルマニン内務大臣は、パリ地域で働く警察は最大1,900ユーロのボーナスを受け取ると述べた。

病院や輸送労働者を含む、残業や休暇の欠席の補償に関する他の分野での話し合いが始まりました。

先週、パトリス・ヴェルグリエテ運輸大臣は、この期間のパリの輸送会社RATPがすでに通知したにもかかわらず、パリオリンピック中の公共交通機関のストライキの可能性について「絶対に心配していない」と述べた。

パリオリンピック組織委員会のトニー・エスタンゲ委員長については、ストライキのない「社会的休戦」を求めた。

(AFPと)
https://www.rfi.fr/en/france/20240308-france-s-cgt-union-says-it-will-strike-during-paris-olympics

Antenne France
Antenne France
記事本文: 893
Enable Notifications OK No thanks