EU:デジタルサービス法は現在、情報空間のすべての企業に拡大されています

2022年、欧州委員会は、デジタルサービス法またはDSAとして知られるデジタルサービス規制を採択した。2月17日に施行されるこの欧州規制は、ウェブサイトのホスト、ソーシャルネットワーク、検索エンジン、マーチャントサイトなどの仲介サービスプロバイダーに新しいいわゆる「透明性」義務を課しています。

具体的には、DSAは2023年8月末以降、欧州連合に4500万人以上のユーザーを持つオンラインプラットフォームと検索エンジンにすでに適用しています。この規制は現在、EUの情報空間に存在するすべての企業とその仲介者にまで及んでいます。これは、ソーシャルメディア広告代理店、インターネットサービスプロバイダー、ウェブサイト、またはモバイルアプリケーションホストの両方に関係しています。

これらの新しい義務により、インターネットユーザーは、シンプルでわかりやすく、明確な方法で、すべての接続されたシステムの一般的な使用条件を通知する必要があります。この規制は、infoxの普及を減らすため、インターネットユーザーのプライバシーの高レベルの保護を保証するため、またはオンラインでの未成年者の安全を確保するために、モデレーション手順について、ヨーロッパのデジタル機関に定期的なレポートを提供することを企業に義務付けています。

DSAに準拠していない企業には、グローバル売上高の6%の罰金が科せられます。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20240217-ue-le-digital-services-act-s-étend-désormais-à-toutes-les-entreprises-de-l-espace-informationnel

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks