プロヴァンス・アルプ・コートダジュール 2024

観光局からデスティネーションの最新動向や具体的な特徴について発表します。
まず、プロヴァンス・アルプ・コートダジュールの観光地としての一般的な情報から始めたいと思います。

地域の観光局からのメッセージはLaFranceTVアプリ【無料】でご覧ください!

南ヨーロッパ
南ヨーロッパ

ヨーロッパの南、南フランスにある地方で、今年はメディアの先端に位置している。そして、3大観光地を有する幸運な地域でもある。コート・ダジュール(ニース、カンヌ、アンティル、ジャン・レパン)、プロヴァンス(州都マルセイユを含む)、エクサン・プロヴァンス、ニーム、アヴィニョン、リュベロン、そして南アルプス。地中海まで続く3,000メートル級の山々が連なる地域だ。

3つの地域
3つの地域

そして南アルプスに関しては、素晴らしいニュースがある。昨夜、2030年に開催される2つの冬季オリンピックの開催地として、フレンチアルプスの招致活動が順調に進んでいることがわかったのだ。正式に発表されるのは2024年のパリ五輪の後だが、2030年の冬季五輪に向けたフレンチアルプスの招致活動はまだ軌道に乗っている。そしてもちろん、私たちのアルプス、南アルプスでいくつかのイベントを開催する喜びもある。毎年、私たちは1000万人以上の外国人観光客を迎えており、私たちの地域はフランスでパリに次いで外国人観光客に人気の観光地となっている。

日本からのお客さん
日本からのお客さん

日本は数十年にわたって忠実な市場であった。パンデミックによって、フランスとプロヴァンス・アルプ・コートダジュールへの日本人観光客にブレーキがかかったのは明らかだ。しかし、徐々に回復しつつある。2023年から2022年にかけて、日本人観光客の数が増加しているのがおわかりいただけるでしょう。

車で3時間
車で3時間

私たちのデスティネーションの特徴のひとつはその大きさです。 車で3時間で横断できる地域です。そして滞在中、私たちの訪問者はさまざまな観光地を発見することができ、この大きさの地域では非常に非日常的な体験をすることができます。ご存知のように、私たちはミディ・ピレネーのデスティネーションであり、年間3度青空が広がり、日照時間が長いという非常に恵まれた気候です。

年間300日
年間300日

これは一年中観光客を惹きつける非常に重要な要素です。海外からの観光客の70%は、夏の盛り、7月のルート、7月と8月の時期以外に訪れています。

1年中楽しめる
1年中楽しめる

私たちは、あなたが私たちを訪れたいと思うことを願っています。結論から言うと、私たちは1月から12月まで、1年中訪れることができるデスティネーションだということを覚えておいてください。皆様のご期待に沿えるよう、幅広いオファーをご用意していますし、短い距離ではありますが、多くのアクティビティや体験を提供することができます。ご清聴ありがとうございました。そ

私たちのデスティネーション、プロヴァンス・アルクーツェのいくつかの側面と新しい特徴に焦点を当てたいと思います。

冬のコートダジュール
冬のコートダジュール

観光は冬のコート・ダジュールのヨーロッパで生まれました。今日、気候の変化と新しい行動様式に伴い、コート・ダジュールの冬の観光を再開発するために、ニースとアンティーブのパートナーとともに新しいトレンドを打ち出すことにしました。ビッグ・バイトゥールは、クリスマス・フェスティバルやカーニバルが開催され、華やかな雰囲気に包まれます。冬のコート・ダジュールにぜひ来てください。

ドラマ映画の地
ドラマ映画の地

私たちの家は、撮影やインスピレーションの場所としても人気があります。パリからプロヴァンス、そしてコート・ダジュールへの逃避行も光栄です。そして何よりも、漫画やドラマのファンにはたまらない、映画『L’Écoute de Dieu』の最新作の撮影がアミノンの近くで行われました。俳優のルイ=トンボイ・ニシアが、撮影中の経験について話すためにここに来たことは知っている。地元の人々とのふれあいや、自転車や車で周辺の村々を訪ねたことは、彼が日常生活では決してすることのできない素晴らしい体験だった。

歴史ファンには、明日東京で公開されるヒブレ・スコット監督の映画『ナポレオン』もお見逃しなく。ホイグルス・スコット監督といえば、プロヴァンスの中心にビリヤード台を構えているからだ。映画の中では、有名な戦いのひとつが私たちの地方で繰り広げられます。ナポレオンファンには、コート・ダジュールから南アルプスまでナポレオン・ホイールをお勧めします。もちろん、偉大なナポレオンの足跡をさらにたどることもできます。

ジャックムス
ジャックムス

プロヴァンスからコートダジュールには、才能あふれる若手ファッションデザイナー、ジャック・リュスも登場します。彼はエクサン・プロヴァンス近郊の小さな村の出身で、ラベンダーに洋ナシを漬ける芸術のように興味深い場所でファッションショーを開催し、プロヴァンスへの情熱を今も持ち続けている。

私は幸運にも、マルセイユのカランドールで行われた素晴らしいパレードに参加することができた。私はジャケルスと彼の家族全員に会った。素晴らしかった。彼には600万人のフォロワーがいる。彼は若者を含む私たちの最高の大使の一人です。最高のデロゼを味わえるのは南部です。それが普通です。世界の偉大なデザイナーや芸術家たちは、南仏のブドウ畑に多額の投資をしているので、このことを知っている。

プロヴァンスのトリュフ市
プロヴァンスのトリュフ市

プロヴァンスで冬を過ごしたいのなら、それこそ私がお薦めする、例外的で秘密厳守の体験がある。トリュフ狩りに農家の家族についていく経験が必要だ。彼らの犬は一年中、トリュフの匂いを嗅ぎ分け、トリュフを掘り出すように訓練されている。しかし、トリュフは1キロ1500ユーロの値がつくので、犬は食べてはいけない。バンゴールなどのトリュフ園にインスピレーションを与えた芸術と光を抜きにして、南フランスを語ることはできない。そのため、CRTは新しいルート、ラ・ムールデーヌ・エ・コンテンポラン・ルートを開設しました。

アート
アート

メディアにも大人気の旅程だ。建築、屋内のアート、自然の中のアート、環境の中のアートはすべて発見する価値があります。ご清聴ありがとうございました。この小さなプレゼンテーションを楽しんでいただけたなら幸いです。

各地域の最新観光スポットは下記リンクからチェック!!

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks