カテゴリー 社会

フランスの社会情勢・ヒューマン、ニュース、政治、経済、テロ、ビジネスなど

イーロン・マスクのもとでTwitterはどうなるのか?

世界一の金持ちであるイーロン・マスクが、ソーシャルネットワークのツイッターを買収する。そして、アメリカのマスコミは火曜日、様々な憶測を呼びました。言論の自由という概念を軸に議論されている。イーロン・マスクはTwitterでより自由で透明性の高い活動を約束する。

フランス大統領選挙:再選を果たしたエマニュエル・マクロン氏が直面する「第3ラウンド」の法制化

フランス大統領選では、現職の大統領がマリーヌ・ルペン氏を58.2%の得票率で破り再選されたばかり。極右候補が第五共和制の歴史上初めて40%の大台を突破し、「共和制のダム」は曲がりはしても決壊はしない。これからの数ヶ月は、各方面の政治家にとっても、また市民にとっても、非常に重要な期間となる。

フランス大統領選第2ラウンドは午後5時

2022年4月24日、大統領選挙第2ラウンドの投票に呼ばれるフランス人。対面するのは、国民結集のマリーヌ・ルペン候補と、前大統領でLa République en marcheのエマニュエル・マクロン候補だ。午後5時の時点で、参加率は63.23%で、2017年より2ポイント低い。投票日と最初の試算をライブで追う。

レバノンでは、カルロス・ゴーンの身柄引き渡しは成功しそうにない。

レバノンの司法・政治界は、フランスの司法当局がカルロス・ゴーン氏に対して国際逮捕状を発行する決定を下したことについてコメントを発表しなかった。ルノー・日産アライアンスの元ボスは、日本からの驚くべきフライトの後、レバノンに住んでおり、ナンテールでの捜査の一環として、社会財産の乱用、マネーロンダリング、汚職の容疑で起訴されている。

大統領2022年:第1回とは大きく異なる2回目のマクロン・ル・ペン決闘

2022年フランス大統領選挙の第2ラウンドは、現職大統領で「La République en Marche!」の候補者であるエマニュエル・マクロンと、極右政党「Rassemblement National」の候補者マリーヌ・ルペンが争うことになる。2017年の試合とは全く異なるリターンマッチ。この5年間で、2つの候補はそれぞれイメージを進化させてきました。

欧米の制裁にもかかわらず、ルーブルは好調だ

ロシア中央銀行は4月8日(金)、市民への外貨売却を4月18日から再び許可すると発表しました。特にルーブルが弱かった3月上旬に解禁されましたが、ロシア当局の措置以降、海外からの制裁にもかかわらず、自国通貨は強含みの展開が続いています。

フランス大統領選挙、使用上の注意

フランスは4月に次期共和国大統領を選ぶ投票を行います。誰が投票できるのですか?誰が候補者になれるのですか?ここでは、選挙のルールについて知っておくべきポイントをインフォグラフィックスで紹介します。

EU・中国首脳会議:ウクライナ戦争に関する合意点と不一致点

中国はウクライナの平和のために働いているというが、ロシアに対しては拒否反応を示している。中国首脳は、23日のEU・中国首脳会談でこのことを再確認した。新たな仮想会議では、合意点が確認されたが、兵器を封じ込めるために想定される手段についての北京とブリュッセルの違いも確認された。

エビアン協定:国際メディアはドゴールを賞賛するが、将来を懸念する

1962年3月18日、132年にわたるフランスのアルジェリア植民地支配と7年以上にわたる戦争を経て、エビアン協定が結ばれた。これらの協定は、地中海の両岸のみならず、ヨーロッパ、大西洋を越えての出来事であった。この歴史的な発表の直後、ドゴール将軍に対してディサイラム的でありながら、将来に対する疑念に満ちた国際報道を検証する。

西側諸国がロシアの国際貿易を禁止した日

ウクライナ侵攻16日目、ロシア軍は別の主要都市ドニプロに攻勢を広げ、危機的状況にあるマリウポルを含む民家やインフラへの砲撃を続け、欧米からさらなる「大規模制裁」を受ける危険性がある。国連安全保障理事会は、モスクワの要請により金曜日に開催された。

Opec+会合:原油はどこまで上がるのか?

サウジアラビアを中心とする石油輸出国機構(OPEC)加盟13カ国と、ロシアを含むパートナー10カ国は、水曜日にテレビ会議による会議を開催しています。原油の高騰を抑えるために増産を検討することもメニューにある。