新型インフルエンザ患者急増

フランスでは先週に入り新型インフルエンザ患者が急増している。新型インフルエンザで診察を受ける患者数は全国で73万人にも達し、その前の週の70%以上も増加した。 これにともない、ワクチン接種希望者も急増した。ワクチン接種を…

さらに表示 新型インフルエンザ患者急増

フランス大使館旧館へ行こう!

先日よりお伝えしていたフランス大使館のリニューアルですが、遂に竣工、新館に移転しました。旧館は1950年代に建てられ、文化部、科学技術部、広報部などが入っていて、一部は四谷や麻布台などのビルに入居していました。新しいフラ…

さらに表示 フランス大使館旧館へ行こう!

科学技術振興する国家

最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分野での削減には批判が相次ぎ、どうもこの事業仕分け、言うほど効果があるのか疑問が沸いてくる。 今話題のインフルエンザに有効…

さらに表示 科学技術振興する国家

インターネットの高額請求で訴訟発生

フランスでは、インターネットの不当な高額請求が訴訟にいたるケースが増えている。これまでの訴訟でもっとも高額だった請求が15万9000ユーロにものぼるもの。「使い放題」の契約には、時間が限定されていたり、ダウンロードするご…

さらに表示 インターネットの高額請求で訴訟発生

新型インフルエンザのワクチン捨てられることに

フランスでも新型インフルエンザのワクチン接種がスタートしている。開始初日は接種箇所の設けられた体育館に閑古鳥が鳴いたようだったが、開始5日目にしてその不人気ぶりが数字としてはっきりと表れた。 5日目にして接種対象者の2.…

さらに表示 新型インフルエンザのワクチン捨てられることに

ワクチン接種開始するも、不人気に

フランスでは全国一千箇所のセンターで新型インフルエンザワクチンの予防接種キャンペーンが開始されたが、どこのセンターもワクチンを受ける人の姿はまばらのようだ。フランス人の、ワクチン接種によるリスクへの不安が顕著となった。 …

さらに表示 ワクチン接種開始するも、不人気に

息子のトップ就任騒動に、サルコジ大統領も反省

フランスではサルコジ大統領の息子ジャン・サルコジ氏がデファンス地区開発公社(EPAD)のトップ就任することについて「身内びき」、「サルコジ大統領の絶対王政」と批判が集中していた。 その後、これらの批判の声を受けてジャン・…

さらに表示 息子のトップ就任騒動に、サルコジ大統領も反省

肌のホワイトニングで深刻な障害が発生

日焼けマシンで肌を黒くしようとする人もいれば、薬品を使って肌を白くしようとする人もいる。 フランスではアフリカ系黒人の女性の20%が、肌を白くするためのホワイトニング用薬品を使用しているとされている。この薬品だが違法な成…

さらに表示 肌のホワイトニングで深刻な障害が発生

Hotel Costes 12 & Hotel Costes A Decade Release Party

1999年に最初のアルバムがリリースされて今年で10周年を迎えるラウンジ・ミュージックの最高峰、ホテル・コスト・シリーズ。12枚目のアルバムと10周年記念特別アルバムのリリース・パーティを11月7日(土)に六本木FUSI…

さらに表示 Hotel Costes 12 & Hotel Costes A Decade Release Party

文化人類学者レヴィ=ストロース氏死去

フランスを代表する文化人類学者クロード・レヴィ=ストロース氏が死去した。100歳だった。レヴィ=ストロース氏は、20世紀の思想家として最後の巨匠とも言われた人物で、構造主義の祖とされた。 ブルジョワ階級の家庭に生まれ、法…

さらに表示 文化人類学者レヴィ=ストロース氏死去

クリアストリーム事件で前首相に禁固刑1年6ヶ月求刑

クリアストリーム事件で起訴されていたドビルパン前首相だが、これまで終始一貫して事件への関与を否定。初公判では家族と出廷し身の潔白をアピールするなどマスコミへのパフォーマンスも手堅く行ってきた。 サルコジ大統領を批判する発…

さらに表示 クリアストリーム事件で前首相に禁固刑1年6ヶ月求刑