グーグルの書籍電子化にパリで損害賠償判決

グーグルが進めていた書籍電子化に、パリの裁判所から待ったの声がかかった。 フランスの大手出版グループ、マルティニエール(Martiniere)などが3年前に起こした訴訟で、同社の著作権物が無許可で電子化されているとしてグ…

さらに表示 グーグルの書籍電子化にパリで損害賠償判決

新型インフルエンザ、西欧で下火傾向

WHOによると西ヨーロッパにおける新型インフルエンザの流行は下火傾向にあるが、フランスでは依然として流行がおさまる気配はない。原因として考えられるのが、寒波による急激な気温の低下と乾燥した空気だ。 フランスは12月に入り…

さらに表示 新型インフルエンザ、西欧で下火傾向

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルが東京に初上陸

ストラスブールでは1570年来、ヨーロッパ最古のマルシェ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)が、格調高い大聖堂を取り囲むように開催されます。 ストラスブールの華やかで名高いマルシェ・ド・ノエルには、外国からも大勢の人が…

さらに表示 ストラスブールのマルシェ・ド・ノエルが東京に初上陸

フランス語放送TV5に日本語字幕

フランス関係者にはおなじみのフランス語圏の国際放送局TV5(テーベーサンク)に日本語字幕が付くことになった。日本語字幕は1日約10時間ほどの番組が対象で、繰り返し放送されるものも有るので月に約200時間ほどの番組が日本語…

さらに表示 フランス語放送TV5に日本語字幕

中小企業に比べ税金を払わない大手企業

フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その調査によると従業員10人以下の小企業は利益に対して平均30%の税金を納めているのに対して、cac40(Cotation Ass…

さらに表示 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

フランス革命を生き抜いたコニャック

パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコニャック。1789年のフランス革命より1年前の製造で、革命を生き抜いたと誉れ高く、一本3000ユーロの値がつくものもあっ…

さらに表示 フランス革命を生き抜いたコニャック

cop15、フランスの思惑

cop15の開催がコペンハーゲンでスタートした。温室効果ガス削減数値で優等生の結果を出しているフランスとしては、今回の気候サミットでも意欲的な提案を行う予定だ。 フランスの提案は、大気汚染を削減するだけではない。今回掲げ…

さらに表示 cop15、フランスの思惑

心のレストランが冬の配給開始

フランスでは25年前から、慈善団体「心のレストラン」が生活困窮者に対して冬の食料を配給しており、今年もその配給がスタートした。 多くの受給者はホームレスではなく、わずかながら収入があり、もしくは年金生活者であり、その収入…

さらに表示 心のレストランが冬の配給開始

COP15に向けてフランスは優等生

12月7日よりCOP15がデンマークコペンハーゲンで開催される。地球温暖化対策について話し合われるため高い注目を集めている。 COP15では、1997年の京都議定書で定められた2012年までの温室効果ガス削減目標を引き継…

さらに表示 COP15に向けてフランスは優等生

ワクチンセンター日曜もオープンへ

フランスでは新型インフルエンザワクチンの接種を希望する人が増加しており、各地のワクチンセンターは行列ができるほどの混雑ぶりをみせている。 待ち時間は2時間以上かかるセンターもあり、この大混雑をうけて人員増強、センターのオ…

さらに表示 ワクチンセンター日曜もオープンへ

パリの美術館拝観停止

パリには世界的有名な美術館が数多くある。もちろんパリ市民のみならず世界中の観光客がそれ目指して、遙々パリを訪れている。そんな観光名所でもフランス人にはお構いなしなのか、一斉ストでパリの美術館は閉館している。 そもそもスト…

さらに表示 パリの美術館拝観停止