サルコジ大統領、外国出身者規制法案でやや暴走気味に

7月に、警官がロマの青年を不当に発砲し殺害したとする事件で、ロマ人の暴動がサンテニアン市で発生した。この事件をきっかけに、サルコジ大統領は外国出身者を厳しく取り締まる法案を提出予定で、フランス世論の注目が集まっている。 …

さらに表示 サルコジ大統領、外国出身者規制法案でやや暴走気味に