カテゴリー インターネット

フランスのインターネット

イーロン・マスクが70億ドルを調達し、Twitterを買収する。

イーロン・マスク氏は、Twitterの買収にさらに多くの投資家を参加させるべく交渉中であるという。そのうちの20人近くがポケットに手を入れ、著名なビジネスパーソンや、イーロン・マスクとそのリバタリアン精神が売り物にしている暗号通貨交換プラットフォームまでもが登場するのだ。今週、ソーシャルネットワークは、テスラとスペースXのCEOが提示した440億ドルという、ソーシャルネットワークにとって最大の金額での買収提案を受け入れました。

米国、フランス、50カ国以上が無料のインターネットに取り組んでいます

4月28日、米国と他の55カ国は、安全で自由なインターネットを確保するための共同イニシアチブを開始しました。「インターネットの未来宣言」と呼ばれるこの憲章の署名により、バイデン政権は明日のウェブがどうあるべきかという共通のビジョンを中心に、できるだけ多くの国を結集したいと考えています。

マクロン-ルペン論争、ソーシャルネットワーク上でのコメントとミームのバトル

大統領選の第2ラウンドのテレビ討論会は、特にソーシャルネットワーク上で「ミーム」が多用され、フォローされた。 このようなオフビートでユーモラスな画像は、古くからインターネットユーザーがオンラインで様々なテーマについてコメントすることを可能にしてきましたが、現在では政治的な文脈で利用されるようになってきています。

世界初のデジタルオーシャン

トゥールーズにあるフランスのメルカトール・オーシャン・インターナショナル社は、世界初のデジタルオーシャンを作るためにヨーロッパから選ばれました。この海洋ツインの目的は、海洋環境における人間活動の影響をより深く理解するためのシミュレーションを実施することです。

ベルシー、フランスで違法商品を販売するEコマースプラットフォーム「Wish」を攻撃

目を失ったクマ、コスチュームジュエリーに含まれる重金属、フランスでは禁止されているビスフェノールをダミーに使用したものなど、これらのアイテムはすべてアメリカのEコマースプラットフォーム「Wish」で販売されています。Bercy氏は、これらの製品を違法と考えており、このプラットフォームがフランスの検索エンジンから消えることを望んでいます。フランスは、このサイトが消費者保護のルールを遵守していないとして、上場廃止を要求しています。

Web Summit:デジタル経済の担い手たちがポルトガルに集結

Covid-19パンデミックの影響で、2020年は完全にバーチャルな世界での開催となったWeb Summitは、11月1日から4日までポルトガルのリスボンで開催され、デジタル経済のすべての関係者が一堂に会します。フォーブス誌で「地球上で最高のテクノロジー・カンファレンス」と評されたWeb Summitは、業界では欠かせないイベントとなっています。