カテゴリー メディカル

フランスの医療情報

フランス国立衛生局はリスクのある青少年にブースター投与を推奨している

フランスでは、2回目の注射から3ヶ月後にブースター投与を行う。これは、フランスで急速に拡大しているオミクロンの変種に対処するために、フランス国立衛生局が発表した新しい勧告の一つです。12月24日(金)に発表された最新の意見では、12歳から17歳の最もリスクの高い青少年に予防接種を行うことを支持する意見も出されています。

Covid-19:ノババックスのメッセンジャーRNAフリーワクチン「Nuvaxovid」に欧州でグリーンライトが点灯しました。

欧州医薬品庁は12月20日(月)、ノババックス社が製造するコロナウイルスに対するワクチン「Nuvaxovid」にゴーサインを出しました。このアメリカの研究所は間もなくヨーロッパに従来のワクチンを供給できるようになるが、その効果は平均して90%であると機関は説明している。

フランスの新型コロナ:推定650万人の未接種者とは?

フランスでは、新型コロナのリバウンドが流行しています。罹患率は人口10万人あたり100件を超えました。今のところ、ドイツやベルギーなどの近隣諸国に比べて、感染者数はそれほど多くありませんが、流行の勢いは明らかに増しています。これに対処するため、当局はワクチン接種に力を入れており、ワクチンを接種した高齢者を対象に、時間の経過とともに低下する免疫力を高めるブースターキャンペーンなどを実施しています。しかし、当局はワクチンを接種していない人にも手を差し伸べたいと考えています。現在までに、対象者(12歳以上)の約90%が少なくとも1回の投与を受けています。他の人たちは?