カテゴリー 食文化

フランス料理のイベントや商品をご紹介します。また、フードペアリングやフードマッチングなどの新しいコンセプトをご紹介します。フランス料理のイベントや商品をご紹介します。フランスの食文化、フード系イベント、ワイン、チーズ、フレンチ、アペリティフ、農産物、農業など

フランスのワインメーカーは、カビがボルドーのブドウを荒廃させるため、援助を嘆願する

2023年7月13日、フランス南西部のタルゴンでカビの影響を受けたブドウのブドウ。© ROMAIN PERROCHEAU / AFP
フランス最大のワイン生産地であるボルドーの生産者は、今年はカビのために大きな損失に直面していると警告しています。地元のブドウ園の90%が真菌の影響を受けており、ワインメーカーは気候変動によって生み出された湿った暖かい条件のせいにしています。

7つの美食レストランでボジョレーワインが楽しめる 「表参道 ボジョレーワインフェア」開催

表参道 ボジョレーワインフェア
ボジョレーワイン委員会は、原宿・表参道限定プレミアム情報マガジン「Omosan STREET」 とのコ ラボレーションのもと、表参道のレストラン7店舗にて、2023年6月16日~6月30日までの2週間、ボジ ョレーワインを各レストランが提案するペアリングメニューと一緒に“ボジョノミ”をお楽しみいただけ る「表参道 ボジョレーワインフェア」を開催いたします。

世界最古のブドウの木から飲む

スロベニアのマリボルにある世界最古のブドウの木の家。ブドウの木は約440歳です。Dudva/CC/ウィキメディア
スロベニア マリボルの旧市街の中心部に位置する最古のブドウは、16世紀にさかのぼる世界最古のブドウです。この植物は、世界で最も希少なワインの1つを作るために使用されるブドウをまだ生産しています。RFIのDhananjay Khadilkarはマリボルから報告している。

カナダのおいしい夏を食べよう!「カナダフェア」開催

カナダのおいしい夏を食べよう!「カナダフェア」開催
カナダ農務・農産品省及び在日カナダ大使館は、e-コマースやデジタルキャンペーンを通じたカナダ産 食品・飲料プロモーションの第二弾、カナダの美味しい夏を食べよう!「カナダフェア」を楽天市場にて 2023 年 6 月 1 日から 6 月 30 日まで実施します。

明日の農業と食料はウェブで賄われています

クラウドファンディングは、若い農家が土地を取得したり、開発したりするのに役立ちます。© Getty Images/コントリビューター
近年、農業の世界のために予約されたクラウドファンディングプラットフォームがフランスのウェブに登場しています。彼らの目的は、誰もが農業生態学的移行に貢献できるように、農業世界と社会全体のつながりを再現することです。

職業危機の真っ只中にあるフランスの農業

フランスのブリーダーMichel Van Simmertier(L)と彼の妻Marineは、2023年2月24日にパリで開催されたSalon de l'Agricultureのオープニングの前夜に到着した牛のサルス・オヴァリー、国際農業ショー(Salon de l'Agriculture)のミューズ、子牛を見ています。2023年の国際農業ショーは、2023年2月25日から3月5日までパリで開催されます。AFP - ステファネ・デ・サクーティン
農業ショーは今週末パリで開幕した。フランスの農場のこの毎年恒例のショーケースは、常に強い国民の関心を喚起します。一方、この職業は、新しい候補者を引き付けるのが最も困難です。これはフランスの農民の間での職業の危機です。

ワイン パリ-Vinexpo 2023: パリ、世界ワインの首都

フランス東部のアルザスにあるワインルートのブドウ園。2022年にイタリアに次ぐ世界第2位の生産者であるフランスでは、消費の減少が市場に出回っています。ゲッティイメージズ - アンドレア・ピストレシ
ワインプラネットは、この月曜日、2月13日、フランスの首都の南にあるポルト・ド・ヴェルサイユで開幕するワイン・パリ-ヴィネエキスポ・パリ・トレードショーで3日間開催されます。フランスと並んで50カ国が代表され、このイベントには3万人の訪問者が期待されており、パリをこの分野の国際市場にすることを目指しています。

食べ過ぎを避けるためのヒント

体のニーズ以上のものを食べると、余剰が埋蔵量に変換されます。© Unsplash - ルイサ・ブリンブル
毎週月曜日、セネガルのダカールにあるNuridéal Diet Officeの栄養士であるBinetou Cheikh Seck博士の栄養クロニクルに会います。今日、彼女は日常的に過食を避けるためのアドバイスを提供しています。

フランス:気候変動の時代にワインをどう作るか?

気候変動の時代に、ワインをどうつくるか?ピクシブ
気候変動の影響を受けるのはすべての農家ですが、中でもワイン生産者はより大きな影響を受けます。気候によって原料であるブドウが変わるだけでなく、ワインの特徴も変わってしまうのです。今回は、世界有数のワイン産地であるラングドック、特にテロワールの質的復活を象徴するピク・サン・ルーのアペラシオンを取材した。
Enable Notifications OK No thanks