カテゴリー フランスの食・食文化

フランス料理のイベントや商品をご紹介します。また、フードペアリングやフードマッチングなどの新しいコンセプトをご紹介します。フランス料理のイベントや商品をご紹介します。フランスの食文化、フード系イベント、ワイン、チーズ、フレンチ、アペリティフ、農産物、農業など

ジュリア・セデフジャン:若きスターシェフ

12月31日、味覚が目覚める大晦日! この6年間、ジュリア・セデフジャンは「フランスで最も若いミシュラン星付きシェフ」という、ちょっと重い、でも本当にありがたい肩書きを背負って生きてきた。わずか21歳のときにパリで堂々と獲得した肩書きである。それ以来、スターは彼女のもとを離れなくなった。ニース出身の若い女性は、5区にレストラン「ル・バイエタ」をオープンし、彼女らしいニース料理で率直に開花しています。

【人気料理家直伝】EU食材を使った、夏を美味しく味わうとっておき!

なじみの薄いEU食材が日本の家庭の料理にも使いやすいように、EU食材と日本食材を組み合わせた料理を紹介するイベントを開催しています。5人の著名な料理研究のクッキングワークショップや料理研究家の渡辺麻紀さんが開発・監修したメニューを毎日、日替わりで無料で試食できます。

Enjoy EU Summer Village ~ EU食材と日本食材の パーフェクト・マッチ!~

EU食材は、2019年のEU・日本の間での経済連携協定(EPA)の発行を受け、より親しみやすいものとなりました。EU食材と日本食材の相性は抜群で、とりわけ日本のお客様とは、食の高品質、本物、安全性、持続可能性に加えて、その伝統的な手法へのこだわりなど、食への価値観を共有しています。

スーパーマーケットの棚にマスタードが欠けています

ヒマワリ油が不足した後、フランスではマスタードが不足している。一部のスーパーマーケットの棚はもはや適切に補充されていません。必須の調味料は、ビネグレットとして、または多くの料理の伴奏として、マスタードは台所の食器棚の目立つ場所を占めています。マスタードシードの世界生産量は減少し続けている。1年間で、価格は9%以上急騰した。

良い味と常識の美食のために!

私たちの食事はヒポクラテスは私たちの最高の薬であり、私たちのプレートには、フランスの美食大使であるギヨーム・ゴメスが加わります:私たちが明日、自分自身のために、子供たちのために生きたい世界を選ぶ力です。この選択から、他の選択肢が生まれます:どんな農業ですか?どの惑星、どんなダイエットをしたいですか?

お皿の上の愛やおいしい愛

2日間で、14世紀から愛の偉大なごちそうになったバレンタインデー...または恋人!それはほとんどの国で、多かれ少なかれ熱意を持って祝われています。多くの場合、それは心のバラ、無条件の愛の宣言、キャンドルライトによる夜の真ん中で過ごす日です...そしてテーブルで。

頭角を現すお菓子、マカロン

メレンゲの殻を2つくっつけただけの何の変哲もない小さなケーキだが、20年もの間、世界中の味覚を刺激し続け、このケーキのためにパティスリー「ラデュレ」の前に数時間の行列を作る人もいるほどで、自分へのご褒美として食べることもできる。この小さなお菓子で頭角を現すのがマカロンです。

フランスのペストリー

マカロン、エクレア、サントノーレ、パリブレスト、ミルフィーユ、修道女、クリームキャベツ、マドレーヌ...フランスのペストリーは世界中のグルメのスターです。時には、顔に広い笑顔が生まれるためにケーキを呼び起こすのに十分です。

バニラ!

バニラがこうして生きているすべての魂を誘惑するのは、この花に何か魔法がかかっているに違いない。何世紀も前にメキシコのベラクルス州のトルテカ族によって発見されたこの野生植物(彼らは生のフルボディのカカオに少し甘みを加えるためにこれを利用した)は、ヨーロッパへの最初の旅と啓示の後3世紀以上もその栽培の秘密を守ってきました。

Enjoy EU Food: クリスマス・ヴィレッジ 開催〜12月12日まで

Enjoy EU クリスマス・ヴィレッジ- EU 食材と日本食材の パーフェクト・マッチ!」イベント
欧州連合(EU)は、「Enjoy EU Food パーフェクト・マッチ!~ EU 食材+日本食材~」をコンセプトにイベントを開催しています。 2021 年 12 月 3 日(金)~12 日(日)、「Enjoy EU クリスマス・ヴィレッジ」は、二子玉川ライズにて入場無料・事前登録不要で、どなたでもお越しいただ けます。

ピカルディのマイクロファーム「レガシー・アース」

パリの北に位置するピカルディは、強力な化学薬品と農薬を使って栽培された広大なビート畑で有名です。しかし、この地域では、小規模な土地で有機栽培の果物や野菜を生産する農家が増えています。La Terre en héritage」では、アブデルとジェニファー・レギウイ夫妻が、小さな土地でパーマカルチャーのマーケットガーデニングを行うことで、家族が自立して生活できることを示しています。
Enable Notifications OK No thanks