カテゴリー:グルメ

  • APERITIF 2015

    APERITIF365 (アペリティフ365) 2015

    第二回目のアペリティフ365、アペリティフの日から12年目[caption id="attachment_2496" align="alignleft" width="300"] Photographie réalisé…
  • Bonjour France 2015

    2015年5月16日〜26日の期間、伊勢丹新宿にてフランス製品の販売イベント「フランス ウィーク」(20〜26日)を中心としたボンジュール フランス[Bonjour France]が行われます。 ボンジュールフラン…
  • Vinexpo Nippon 2014

    フランス発のワインとスピリッツの展示会Vinexpoが日本で開催されました。名称もVinexpo NipponとJaponでないのは少々驚きです。Vinexpoはフランス・ボルドーでは2年に一回開催されています。1998…
  • アペリティフ365

    2004年にフランスから提唱された「アペリティフの日」。11年目を迎えましたが、今年は一年365日楽しめるアペリティフの習慣化を目指して「アペリティフ365」と銘打ち、代官山で三日間に渡って開催することになりました。 …
  • おいしい紅茶の入れ方

    ヴェルサイユ祭の内容をご紹介してきましたが、今回は紅茶のおいしい入れ方のコツをご紹介しましょう。ニナス・パリスの輸入元を担当されている方から伺いました。 ◆おいしい紅茶の入れ方◆ お湯は沸騰で お湯はぐつ…
  • 王の菜園ル・ポタジェ・ド・ロワ

    ■太陽王の菜園 観光客で賑やかなヴェルサイユ宮殿の一画に、静かな散策が楽しめる菜園がある。ヴェルサイユ宮殿の食卓にのぼる野菜や果物の栽培を一手に担っていた王の菜園、ル・ポタジェ・ド・ロワだ。 王の菜園ル・ポタジェ…
  • アペリティフの日

    6月の第1木曜日「アペリティフの日」です。今年は6月7日です。 2004年から始まりましたが、今年は、東京のみならず京都、千葉、埼玉、横濱、名古屋、大阪、岡山、土佐、宮崎、仙台でも開催されます。各都市の開催は主催者が違…
  • アペしない? by 服部幸應

    6/7日はアペリティフの日「アペしない?」

    [caption id="attachment_2217" align="alignleft" width="200" caption="服部幸應の「アペしない?」イメージ"][/caption]6年前から日本でも開催さ…
  • 星付きシェフが郡山で「フランス炊き出し隊」

    日本在住フランス人が避難者を支援しようと手を結び「フランス炊き出し隊」を結成、福島原発事故で避難生活を余儀なくされている住民の方々に暖かい料理を提供しています。  在外フランス人連合の主導、在日フランス人協会…
  • クロマグロ禁輸に欧米が支持

    クロマグロの禁輸にアメリカも支持する意向となり、フランスなど欧州とともにワシントン条約会議で可決しそうというニュースが流れてきた。 このクロマグロの禁輸に関してはモナコが提案したものだが、十数年前にも似たような案が…
  • マグロ取引禁止へ

    マグロの乱獲によって絶滅の危機があるとされ、ヨーロッパでは禁輸する動きが高い。マグロの消費は日本が80%を占めていると言われ、この問題は日本のマグロ消費に大きく影響するだろう。 もちろんフランスにも大西洋や地中海で…
  • ランチは有機、健康がキーワード

    不景気の中、最近よく日本のテレビ番組で紹介されているのはワンコインランチや激安弁当など。とにかく安い食事が紹介される。節約ブームの中、弁当男子も増加しているそうで、愛妻弁当のみならず自ら弁当を用意する男性も増えているとか…
  • フランス農家20年前の賃金水準に

    フランス農業省が発表した統計で、フランス農家が窮地に追い込まれていることが明らかになった。農家の収入は昨年から今年にかけて平均して34%減少しており、2年間で比較すると半分以下に落ち込んだという。 最も大きい下げ幅…
  • フランス革命を生き抜いたコニャック

    パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコニャック。1789年のフランス革命より1年前の製造で、革命を生き抜いたと誉れ高く、一本3000ユーロの値がつくものもあっ…
  • ワイン畑に働き手が殺到

    フランスのワイン畑に働き手が殺到している。 ワイン畑は例年収穫の際の人手不足で悩まされてきたが、今年は様子がちょっと違うようだ。不景気のあおりをうけ、職を求める人がワイン畑に流れてきたのだ。収穫の人員として志願者が…
  • フランス農家、5億ユーロ返還を要求される

    EU委員会は、フランス政府が野菜果物生産者に行ってきた過去の支援金は自由競争の原理に反するとして、給付された支援金を返還するよう求めている。 これに対して、フランス農家からは「過去何年にもわたって補助を受けてきた。…
  • フードフランス2009

    「フードフランス」は、2003年にアラン・デュカスの発案により企画されたもの。地方で活躍する若き才能在るシェフを応援、伝統と風土を基本としたフランス料理をアピールしようとパリで開催されました。 2006年までに参加…
  • フランスの家きん輸入停止を解除

    農林水産省は5月25日、フランスにおける鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、フランスに対する家きん(鶏、七面鳥、あひる、うずら、がちょう)と家きん肉などの輸入一時停止措置を解除しました。 フランスにおける弱…
  • 6月4日アペリティフの日開催!

    今年も『アペリティフの日』のイベントが6月4日、全国8都市で開催される。アペリティフとは食前酒やつまみのことで、本格的なディナーをスタートする前に軽い食事と会話を楽しむフランスの習慣だ。 イベントは今年で6回目。食…
  • 今年は過剰生産?牛乳価格が下落へ

    ドイツでは下落している牛乳の買取価格に対し、酪農家達の抗議デモが頻発している。高騰した昨年の価格では1リットルあたり33ユーロセントだったのが、今となっては16〜23ユーロセントと半値近いところまで落ちている。 廃…

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  3. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  4. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  5. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial